くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年五月八日(土)十時十三分 四千四百四十五通
何を歌ふのか 
人犬   眉=東和の庭曲  
上末   天=のしのしこのこえ
由王さる 由王=言王
       =言技之王
さる=しろノ十
  =二二ろの「とを」
  =こころの「をと」=心の音
遠=を
不=一・ハ目寝・ノ
 =遠・山の音
 =山の音とせよ(世与)

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十五通
岩田修良 令和三年五月八日(土)十時一分 四千四百四十四通
政治では この国は変はらない
当初 新党・つるばみによつて
昔の日本文華再興を考へた
しかし 祀語詞
国旗よりも家の祀語詞が源である
根幹が 国旗ではなく家の祀語詞となった
だったら 政党など作らず
私塾鶴羽實の玄関の東和の古典の無料配布
それだけで 世直しが出来るのではないか
さう 思ひ直すに至った
東和の古典は 多分一枚も配布されてゐないが
出来た当初より ずっと無料配布してゐる
この国は 家の祀語詞で変はるのであって(続)

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十四通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時五十二分 四千四百四十三通
萬象之森・つるばみ

つるはみ…枯れ葉
つるはみ…枯れ木
つるばみ…檪

こんな東和の庭曲があったが
つるばみ=鬼~と誤認され
東和の庭曲が 
この日本から消えて行ったのではないか

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十三通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時四十八分 四千四百四十二通
天の詩から 萬象之森・つるばみ
天=ノし二=ノしノし
天=コノコし=コノコヘ
天=ノしノしコノコへ
 =のしのしこのこえ
是が 東和の「色葉詩」
槙葉日輪を「心の太陽」
「天心」と見て詩ふ
 のしのしこのこえ
 のしのしこのこえ
庭木を刈り 葉も刈る
すると枯れ木と枯れ葉の処理に困る
そこで 隣の檪の森に放り込む 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十二通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時三十五分 四千四百四十一通
家々に 東和の古典がある
家々に東和の古典がある 人々は 

東和=父和=ノしノし
の =つノノ=つ留ハミ二
      =鶴ばみ
古 =十和
  =親指・親指
  =どんぐり・どんぐり
  =つるはみ・つるはみ=つるばみ
典 =天=萌える を始終歌ふ すると
あちらこちらに 東和の庭曲が出来上がる
東和の国は 穏やかで平和であった 
   

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十一通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時二十八分 四千四百四十通
ところが つるばみ=鬼~
とこころが 
この東和の庭曲は
つるばみ=鬼~ といふ認識が弘まり
東和の庭曲=鬼~の曲となり
一気に 廃れて行き
代はりに 絵實+詞が登場し
人々は 東和の庭曲から絵實の歌に進む
ここに 日本の退化と言ひますか
心の劣化の始まりが ある様に思へます
そこで ちょっと 
古代の東和の国を想像してみます…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百四十通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時二十一分 四千四百三十九通
東和の古典の存在の史実はないが…
東和の古典が存した史実はありません
しかし 天地之詞
そこに 人犬 といふ文言があり
その犬が 犬=ト折ハヽこ転と解析出来ます
これが存在根拠となってゐます
もう一つは 私たちの眉の「毛ぶり」です
火のない所に煙りは立たぬといふ様に
「日」の無い所に「毛ぶり」は立ちません
人=犬=東和の古典
   =東和の二ワ曲イフ
   =東和の庭曲言ふ
眉の毛ぶり=萌える槙葉日輪の煙りではないか

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十九通
岩田修良 令和三年五月八日(土)九時十三分 四千四百三十八通
東和の古典の存在可否
天地之詞の犬
 犬=ト折ハヽこ転
  =十和 ノ古典
  =東和の古典
はの四分解
 は=ト折○ノこ転
  =東和の古典
しかし 『拾玉集』に
過去に存した詞として「おほん詞」を紹介し
この他に 詞はなかった慈鎭は 言ひます
おほん詞=お本詞=十ワヽ本詞=東和の本詞
この東和の本詞=東和の古典なのか?

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十八通
岩田修良 令和三年五月八日(土)八時五十七分 四千四百三十七通
絵實詞より前に東和の古典があった
一…東和の古典
   絵實詞に取って代はったか?
二…絵實詞=絵實+詞
   一…貫之の芽出詞が生まれ
   二…定家の芽出詞・芽出詞が生まるも
   やがて
   三…仏教の心印又は
   四…此炉と南無に押されるも
     異心革命で全て消滅
三…禍津日~を国旗と仰ぐ国となり
  人を国家の道具としか見ない悪党政治続く

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十七通
岩田修良 令和三年五月八日(土)八時四十二分 四千四百三十六通
東和の古典
東和…父=和
  =ノしノし(父の和分解)
の =つヽヽ(三分解)
  =つ留ハミ二
  =鶴ばみ
古 =十ロ
  =十和
  =親指・親指
  =どんぐり・どんぐり
  =つるはみ・つるはみ=つるばみ
典 =天=萌える

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十六通
岩田修良 令和三年五月八日(土)八時十七分 四千四百三十五通
萌えた先はどうなる?
東和の庭曲の先は…
 今まで無いと決めつけてゐた
萌える槙葉日輪の曲があった
 のしのしこのこえ
その先の歌はあるのか…
 隣の檪の歌があった
その檪の歌は…
 つるはみ…枯れ葉
 つるはみ…枯れ木
 つるばみ…檪
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十五通
岩田修良 令和三年五月八日(土)八時十二分 四千四百三十四通
東和の古典
東和の古典の三曲
一…東和の古典
  東和の二ワ曲イフ
  東和の庭曲言ふ
  上記の歌
二…のしのしこのこえ
  槙葉日輪の聲
三…つるはみ つるはみ つるばみ
  枯れ葉…つるはみ
  枯れ木…つるはみ
  檪  …つるばみ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十四通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十八時二十八分 四千四百三十三通
中三に 歴史の勉強法伝授
レポート用紙を渡して
項目別にまとめる様に指示
一…いつ
二…誰が
三…何をしたか
気になる所は 絵や図を入れろ
この教科書のまとめだけで 
九割取れる様になったら 合格だね
兎に角 覚えようとしないで
何が書いてあるか それを自分の頭で
しっかりとまとめるだけ!
これが 出来れば もう心配無し!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十三通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時五十一分 四千四百三十二通
浅き夢見路酔ひもせず
浅き世界の
夢見=い芽・見る
字 =つるばみ 詠もせず

母の富士 出来る人は
浅き夢見字を 歌ひません
しかし 何かの不都合があって
母の富士が 造作出来ぬ方は
白の成長歌を 歌って下さいね

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十二通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時三十七分 四千四百三十一通
有為の奥山 京こ 得て
有為「ノ」奥「山」
   ノ…親指の姿
      「山」=小・姉・兄
ノ=親指
山=三指

京こ=由シ・こ=シ由・二和=ジ由=自由

親指=ノ
奥の山の=三指 自由得て 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十一通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時二十七分 四千四百三十通
和が世誰?祖 常鳴らん
大和朝廷の祖は? 
 ~武天皇! 
東和の夷の祖は?
 アテルイ!
 当てる→「い」
 「当てる姿」から「い」

 常鳴らん=口に出して言はぬ  
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百三十通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時十九分 四千四百二十九通
「い」文字をご確認戴きたい
上記の心印を結び
「い」文字をご確認いただきたい
い=人指+親指の象形文字だとわかる
決して「以」の崩れ文字ではない
そして 丸める前の
子・姉・兄の三指を見ると
「小」に似て居る

 色葉=左手
 匂へど=臭い=草「い」
 散り寝る「小」 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十九通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時十三分 四千四百二十八通
色葉匂へど散りぬるを
色葉=左の手
匂へど=臭い=草「い」
散りぬるを=散り寝る「小」

い=人・し+親ヽ
小=子・姉・兄指=散り寝る

結果 どんな手か?
上の 鶴羽の様な手印  

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十八通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十七時七分 四千四百二十七通
色葉歌
色葉=葉っぱ
   葉っぱ=手
色葉=いろは
   いろは=母(『以呂波字考録』)
       母と書いて『イロハ』と読む
色葉=母の葉っぱ
  =母の手
  =か弱い手
  =左手
すなはち 色葉歌の話の舞台は『左手』
     

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十七通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十六時五十五分 四千四百二十六通
只今の言技
どんぐりの成長(およすげ)曲(左詞)
 ノしノし…實
 鶴ばみ …芽
 つるばみ…木←平安時代に鬼~と誤認さる
 萌える …葉
東和三柢
 ノしノし…床屋根・起屋根
 鶴ばみ …棟
 つるばみ…庭のd+隣の檪
 萌える …槙葉日輪
 歌手は「母の富士」
 「母の富士」出来ぬ人は どんぐの成長曲を! 
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十六通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十六時二十一分 四千四百二十五通
鬼~変遷
吾が國の鬼~認識

平安 つるばみ=鬼~ どんぐり=鬼~
室町 日の丸 =鬼~ 『清水寺縁起』
           空海直筆の以呂波仮名 
今はどうか…
 鬼~の実体は消え 言葉だけが残る
 日の丸=地獄の火輪・鬼~・禍津日~
     今に かういふ認識はない
しかし 古代夷人たちの着目は
あくまでも 本心良心・清明心の発動であり
鬼~といふ敵対~は無かったのではないか

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十五通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十三時十六分 四千四百二十四通
出雲~門寺から 鬼の変遷を探る
 出雲~門寺に空海直筆の以呂波文字がある 江戸時代の人は さう伝へられてゐた その以呂波文字を探ると三つの変体仮名 異体文字に出会す
右から 江・曽・お 最後の「オこ」字を
オ…お
こ…二和(二の和字)とする…
オこ…オ二和=鬼は
江曽…えそ=蝦夷
鬼は蝦夷(変体仮名の真意)
ここで『清水寺縁起』を見ますと
蝦夷軍は 日の丸を国旗としてゐます
故に 鬼は蝦夷=鬼は蝦夷の日の丸が導けます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十四通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十三時一分 四千四百二十三通
つるばみ鬼~認識
空海の影響と思はれますが
つるばみ=鬼~といふ認識になります
よって 貫之も定家も 歌人は
つるばみ=鬼~を歌ひません
貫之は 芽出詞といふ様に
ノしノし(實)鶴ばみ(芽)と
芽を一度歌ひますが
定家は 芽出詞芽出詞といふ様に
ノしノし(實)鶴ばみ(芽)
つるばみ(實)萌える(芽)
芽を二度歌ひます しかし 鬼~の認識が
やがて変はります

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十三通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十二時五十二分 四千四百二十二通
新古今の歌をご紹介
花=左の言葉…つるばみ萌える
實=芽の出たどんぐり
 盛りをば
 見る人多し
 散る花の
 後を問ふこそ
 情けなりけれ

左の国旗の歌(慈鎭の歌)
盛り=左刈り=花を言はない
しかし それは 實で言ふ
これが 散る花の後を問ふ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十二通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十二時三十六分 四千四百二十一通
私塾鶴羽實が研究してゐること
天地之詞・青空の詞
青空をも動かす詞を発見して
 一…悪党を自滅解体に導く
 二…此世の平和と豊
 三…裕福になる道
 つまり 東和の夷人が残した心技で
 豊になれるのではないか
 今ある勉強など全くしなくても
 天地之詞で 豊になれるのではないか
 そんな新しい裕福の道を開拓してゐます
 この道を開拓しないと 勉強に出遅れた人は
 大人になって 巻き返しが出来ません

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十一通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十二時十六分 四千四百二十通
天地之詞の修正
江乃○於
奈禮居天
江乃○於=シゴノ寝輪ハ二ノフし
    =四語の音は「母の富士」
奈禮居天=デキ寝人ハ(奈)
    =しロノヲしス蹴曲(禮)
    =十ロノコーき(居天)
四語の音(東和三柢の音)は
母の富士(上記丸窓の母の富士)
出来ぬ人は 白の成長曲・東和の国旗
   

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百二十通
岩田修良 令和三年五月七日(金)十二時四分 四千四百十九通
天地之詞の修正
江乃○於
奈禮居天
この二行を修正します
修正前
江乃○於=シゴノ寝ト折いノ蛇等二
奈禮居天=ト折一ノこっキ・
     しロノヲしス蹴曲
     コノコエ・一大
四語の音は東夷の「陀羅尼」
東夷の国旗「白の成長曲」此聲=医王
かういふ和訳でしたが…
それを 以下の様に変更します 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百十九通
岩田修良 令和三年五月六日(木)十九時十一分 四千四百十八通
薩長の国盗分捕一揆の歴史
薩長の国盗分捕一揆の様子
 一…益満休之助・伊牟田尚平
   相楽総三と その悪徳鮮やか使ひ捨て
 二…戊辰戦争の実体
 三…大久保の佐賀の狂喜
 四…国事犯と樺戸集治監
 五…国家の新興皇室宗教の布教開始
 六…朝鮮人・社会主義者といふ名の
   極重悪人成敗
 七…只今探索中
   兎に角 異心革命以後
   無茶苦茶な国になりました この国は…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百十八通
岩田修良 令和三年五月六日(木)十八時五十五分 四千四百十七通
私塾鶴羽實がやらうとしてゐること
それは 
薩長国盗分捕一揆の歴史をあからさまにすること
さうしたら
何故 こんな異様な社会になったのか?
それは 日本文華を喪失した結果と考ふ
では 喪失した日本文華とはなんだったのか?
一…貫之の和歌
二…定家の和歌
三…鈴木正三の進む心と仏法之宝
四…芭蕉・一茶・尊徳の心田開発と南無
まづは これらをあからさまにすることが急務
その上で 初めて東夷の文華が議題に登る

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百十七通
岩田修良 令和三年五月六日(木)十八時四十八分 四千四百十六通
薩長国盗分捕一揆の歴史
明治維新=×
薩長国盗分捕一揆=○
この名前を採用すれば
後の歴史は 国盗分捕一揆といふ名が
どの様に 台湾 沖縄 朝鮮 満州を
分捕って行ったのか 興味が湧き 自然と解る
左派の仕事は 今までここで終はった
だから どうする?
何故 悪党政治が 今も続く?
左派は この思索を放棄した 何故か
無茶苦茶難しいからだ 日本文華の喪失による
国の荒廃解説は 無茶苦茶難しい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千四百十六通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン