古絵葉書
岩田修良 令和二年十月十二日(月)十九時二十二分 二百九十五通[左頁(返信)]
アフリカ難民救済
スマホを一家に一台提供
そして 東和の葉書

KIYOKU=SKY
AKARUKU=SUN
KONONIWAIDAI=mountain

生活苦や病に苦しむ子供達に教ふ
ネット国家の東和の国に 国境なし
萬民徳用である

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十二日(月)十九時十四分 二百九十四通[左頁(返信)]
人 ~ 日ノ王
東和の国に仏無し

 人=眉=青空
 ~=アカ抜けた太陽
 日ノ王=小山

 人の音=清く
 ~の音=明るく
 日ノ王の音=コノニワイダイ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十二日(月)十九時九分 二百九十三通[左頁(返信)]
東和の国に集まれ
国旗は 上のデザイン
国歌は
 清く(青空)
 明るく(アカ抜けた太陽)
 こノ日輪い大(小山)

 私の調べでは この歌にて 暮も豊で医者要らず 此世は平和で戦もなし 垢は軍事力で平和を守ると言ひ アカは戦争反対で国を守るといふが 東和の国は違ふ 清明心の国旗国歌で 平和が守れると考ふ 垢でも赤でもない東和の国

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十二日(月)十九時一分 二百九十二通[左頁(返信)]
東和の国
垢に染まった国は
赤狩りと称して 赤の言論を封じ
自身の垢に 気づかない
左を見れば 赤だらけ
右を向いても 垢だらけ
そんな 垢赤した人たちも
アカ抜けた太陽で アカ落とし
明るい日の本に帰る
東和の国の国旗には それだけの偉力がある
革命 政党不要で 世直し可
何時か 左右のアカも 自然に消えゆく

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十九時三十九分 二百九十一通[左頁(返信)]
いつまでも 悪党天下は続かない
垢だらけの悪党の
心の垢取る お月様
何時までも 垢垢したお日様の天下だと
思ったら 大間違ひだぞ 安倍とスガ
君たちの心の垢は 日に日に取られ
やがて 白くなって行く
悪事は まもなく綺麗に掃除されて行く
古絵葉書には 垢だらけの日の丸の
垢抜く力あり そんな思ひで 開発した
垢だらけの人達の政治は まもなく崩壞だ
頼むぞ 清明心

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十九時二十七分 二百九十通[左頁(返信)]
余りにも子供っぽい安倍とスガ
俺たちは 何をしてもいい
悪いことしたって 大丈夫
検察が 不起訴にしてくれるし
証拠があれば 隠すか 捨てよ
間に合はなかったら 書き換へだな
都合の悪い部分は 黒塗りだ
後は 静かに時を待つ
国民は 大きな聲では 言へないが
基本バカだから 直ぐに忘れる
困ったら 苦しい顔して 病気を訴へよ
国民は 同情してくれる いい国だよ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十九時十九分 二百八十九通[左頁(返信)]
気分は独裁 スガスガしい
小沢一郎曰く 
 菅総理は恐怖で人間を思い通り支配できると確信しているのだろう 内閣人事局を使って官僚を畏怖させ 隠蔽 改竄までさせたことで 自信をつけた

 内閣総理大臣が 一番偉い だから何をやってもいい 逆らふ奴はクビだ スガスガしい意見である 私は 古絵の方が 総理大臣より 上だと考ふ そこにある文字も 勿論スガより上 だから古絵葉書で スガを倒せると推測してゐる 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十九時九分 二百八十八通[左頁(返信)]
仮名文字所有国
仮名文字は どこの国が持ってゐたか
 東夷の国 夷
何といふ書物に 書いてあるか
 『以呂波字考録」
作者は 誰か
 僧全長

 この知識がない 何故か 受験に出てこないからだ 受験に出て来ない知識は 真実ではない どうも さう思ってゐる国民が多い 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十八時四十七分 二百八十七通[左頁(返信)]
和歌の花とは何か 實とは何か
花と申すは 言葉
實と申すは こころ
花を忘れて實を談ずるより
あながち秘事も無し

 今 この文の本意を汲み取ることができる者がゐない だから 日本文化がわからない 日本文化が わかれば それを守ることこそが保守である 今は 守るべき日本文化が 維新革命政府の負の遺産の日の丸と靖国~社となった だから 靖国の祝詞から 昔の祖国日高見の名が削除された

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十日(土)十八時四十分 二百八十六通[左頁(返信)]
日本語は 縦書である
この日本文化を 頑なに守る私塾鶴羽實
HPを縦書にするのは 今では
物凄く簡単になったが それでも
多くの国民は 縦書表示にしない
日本語が 縦書であることを忘れてゐるのだ
そして 横書で物を書き 自分は保守だと言ふ
何が保守だ 日本語を守ってこそ保守ではないか
保守とは何か 縦書を守ることである
或は 日本語の言技の語り部とも言へる
仁徳天皇 空海 貫之 定家の言技を
後世に語り継ぐことでもある

----返信のお便り----------------------------------------------------------
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン