私塾鶴羽實 苔むす詞
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)二十時二十分 五百二十一通[左頁(返信)]
和タグエヂタ
一ふとく
二CL+5
すると <太く></太く>が自動生成せらる
次は
<太く></太く>縦書
ここでCL+8
すると<太く>縦書</太く>となり
自動で 文字列がタグの中に納まる
QXエヂタのマクロで作った自作の和タグエヂタネット新文明の日本語HPの技術である

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)二十時十分 五百二十通[左頁(返信)]
原稿も縦書 タグは日本語 HPも縦書
原稿も縦書
タグは日本語の和タグ
HPも縦書
入力も仮名反の和式入力

こんな日本語環境で HP作成
この様な日本人を 私は知らない
ローマ字を嫌ひ 日本語に置き換ふ
その努力を怠るから 人も社会も乱れる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十九時四十四分 五百十九通[左頁(返信)]
道徳は 文字の道の徳である
道徳に於いて 主知主義は無力である
なぜなら 道徳は 文字の道であるからだ
文字を縦に真っ直ぐ流せば 
道徳心は 自然と芽生えてくる
この道理に 気づいてゐる教育者や学者が
非常に少ない ここが問題だ
HP縦書専門学校は 早急に作る必要がある
心=古々路=十ロノマ路=十ワの真字=東和
心は文字と関連してゐる 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十九時三十六分 五百十八通[左頁(返信)]
縦書ネットワークをやりたい方は
この掲示板に その旨を書き込めば
即日 ネット縦書掲示板を作ります
ネット新文明時代 縦書を守りたい といふ方は
是非 その旨を この掲示板に書かれたし
日本語は縦書である
人の道は 縦の字の道である
人の心が荒れるは 字が真っ直ぐに歩かないから
字を縦に流せば 心も真っ直ぐになる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十九時二十八分 五百十七通[左頁(返信)]
縦書こそ日本文化と横書する
ネット散策すると
縦書こそ日本文化と 横書で綴る人がゐる
HTMLとCSSを学べば
縦書は出来るが その前に四界のブロックを
右左に自由配置出来る技術が 必要だ
兎に角 日本人はHPで 縦書にする技術を
身につけなければならない 
ネット新文明到来で 人が荒れるは
世界が 人の道=縦の字の道を忘れてゐるから
縦に流れる日本画が 普及すれば
人の道は 正されて来る 日本語は縦書である
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十九時七分 五百十六通[左頁(返信)]
文字は生きてゐる
文字こそ文化
日本の文字は 縦書き
縦書文字こそ日本文化
故に
日本文化を守ることは 縦書を守ること
そして ネット新文明到来
ならば 新文明で縦書文化を作るが
日本の新文明構築の始まり
是に 気づく政治家 学者が極めて少ない

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十九時零分 五百十五通[左頁(返信)]
人を解析すると…
人=ノし=眉の姿詞=人の本性
人=ノし和
 =和ノし
 =田テノし
 =縦 のじ
 =縦の字
人の道=縦の字
多くの人が ネット時代になって
人の道から外れてゐる
この人の道に 着目する人 地球上で
一人か 二人か 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十一月十七日(火)十八時五十二分 五百十四通[左頁(返信)]
大自然は 文字に帰結する
そんな考へは どこにありますか
空海の『辯顕密二教論』に かう書いてある

一切萬法皆悉言文也

 一切萬法=萬の『シ去』一切のもの
 皆悉言文也=皆 悉く言文に帰る

 だから 戒名が生まれたんですね

----返信のお便り----------------------------------------------------------
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン