古絵葉書
岩田修良 令和二年十月十六日(金)十一時四十分 三百二十五通[左頁(返信)]
音色の実体を修正
一 昔の東和の国旗の読み方
二 仁徳天皇
三 空海
四 貫之
五 定家
六 ネットの東和の国旗の読み方
史上最悪の悪の根源=今の日の丸
打ち克つことが出来るのは=ネット東和の国旗か
一五〇年 世界に禍の種を撒き散らした日の丸
やうやく 効力を無くし始めるか 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十九時三十七分 三百二十四通[左頁(返信)]
学問は迷ひの連続である
昨日出した結論が 今日変はる
また 昨日の結論が出て来る
また 他の結論が出る どれが正しいのか
迷ひをそ のまま背負ふのが苦しいと
安易に 結露を出して安心したがる
その誘惑を 断り 真実を探す
天地を動かす言葉とは何か
そんなものある筈がない さうなのか
いや ある筈だ 学問したことがない人には
学問の苦しみ 迷ひの大切さ
様々な意見の大切さがわからない

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十九時三十分 三百二十三通[左頁(返信)]
日の丸の悩み
今の日の丸は
 正しいのか 禍津日~か
 正しい いや違ふ
 正しい いや違ふ
 かういふ自問自答を 一〇年位やる
 その結果
今の日の丸は 禍津日~である
こんな結論を導く 
この学問が スガには出来ないと 川勝は言った
確かに スガは そんな迷ひは 背負へない
川勝知事が 正しい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十九時二十六分 三百二十二通[左頁(返信)]
誰もが 即 使用出来る清明語
これを考へますと
 清く=アカ抜けた太陽
 明るく=こノ山
 こノ日葉偉大=こノ草

庭語と仮定すると 庭語を歌へるのは
私一人しかゐません
利用度の高さを見れば 東和のハガキの絵語
さういふ結果になります

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十九時十分 三百二十一通[左頁(返信)]
子供らの直感に従ふと
仰せよ=遠不世与 に変更すると
庭木の詩になるので そこを探りたい
この様に 歌詞が
清く 明るく こノ日葉偉大と決まっても
それが 絵の音色なのか 
それとも 庭木の木と葉の音色なのか
確定するのに 物凄く時間がかかります
また 確定した所で それを正解と認定する
方法がありません そこで
スガ政権崩壊を 清明語の偉力とみます
果たして 清明語は 絵語なのか庭語なのか

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十八時五十八分 三百二十通[左頁(返信)]
おい どっちだと思ふ
死んだお爺ちゃんがゐるなー
そのお爺ちゃんは 絵の世界にゐるか
それとも 文字の世界に一度降りて来て
それから庭に住む そんな二つの考へがあるが
お前は どっちの考へが好きだ と尋ねたら
死んだお爺ちゃんが 庭に住む考へがいい
さう 子供らは即答した
只今 両方の和訳があって
どちらにするか 迷ってゐる
絵に住むのか それとも庭に住むのか
かういふ時は 意外と子供の直感がいい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十五日(木)十八時三十九分 三百十九通[左頁(返信)]
民主主義なら負けるが
世の中の道理が 民主主義なら
悪党のスガ集団に勝つことは出来ないが
此世は お天道様が支配してゐる
そんなお天道様主義で世の中成り立ってゐれば
アカ抜けたお天道様に 悪党集団は負ける筈
こんな道理 仮説を立てなければ
今の世の中は 絶望だ
悪党集団に 政権が取られてゐるからだ
しかし どうして この悪党振りに
国民は気づかないのか そこが不思議だ
彼らは 良心が麻痺してゐる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十四日(水)二十時四分 三百十八通[左頁(返信)]
四一国作郎 喜四郎一郎
一八六八年 九月八日 明治元年
 垢垢したお日様を仰ぐ 暴力集団が天下を取る
 以後 一五〇年 血なまぐさい事件多発
 戦争多発に 世界各地に残虐革命
 果ては 天災の嵐
 すべて 悪しきお日様の仕業である
二〇二〇年 一〇月一四日
 アカ抜けたお日様が
 こノ山に帰り こノ草に帰る そんな歌が誕生
 だから もう お天道様が 怒ることは無い
 悪党の安倍も 直に逮捕される 
 四一国作郎 喜四郎一郎 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十四日(水)十九時四十三分 三百十七通[左頁(返信)]
今 誰が一番喜んでゐるか
お日様である
垢垢した服を着せられ 穢れた心
こんな服来たくないヨーと つぶやくも
誰も聞いてくれない そこでお日様は 考へた
天罰である
地震 台風 大雨 洪水 温暖化
全て お日様が 垢垢した服を着せられた
怒りの結果である
しかし 今日からは違ふ 
お日様が 日の本の草に帰る歌が完成したからだ
もう 天災は収束されて行くだらう

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年十月十四日(水)十九時三十六分 三百十六通[左頁(返信)]
法治国家にあらず お日様統治である
西洋の考へを持ち出し
こノ国を 法治国家だと言ふ
違ふ お日様統治国家である
だから どんなお日様を 仰ぐか
そのお日様の決定は 重要だ
仰ぐお日様の姿で 国が変はるからだ
維新革命より 人を餓鬼畜生に導く
垢垢したお日様を 仰いで来た 結果
ゼニくれ 物くれ 家賃くれの餓鬼が増え
くれなきゃチクショー 魂チクショーばかり
全て 悪しきお日様の仕業である
この国は お日様が国を治めるお日様の国である

----返信のお便り----------------------------------------------------------
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン