くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十六時五十分 五千二百六十八通
古都から新キへの古々路を開発
古都 常飛豊 から
新キ くぬぎの手紙への古々路を開発
自分のやって来たことは 何だったのか
今 初めて気づいたが それは
古都 常飛豊 から
新キ くぬぎの手紙への道を開拓して来た
そんな新道の開発であった
まさか くぬぎの手紙が 終の住処とは
驚きである 聲も始語だけ 葉書の世界は聲無し
発見が遅れたのは 天地之詞を
日本人が放置して 西洋人の頭を借りて
知っ鷹して 鷹派になったからだらう

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十八通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十六時三十八分 五千二百六十七通
くぬぎの手紙で 事足りる
始語 真字三字常飛豊(トコトンユタカ)
     ↓
   十二詞 解説(聲無世界突入)
     ↓  
   清明心
     ↓
   天地之詞
     ↓
   一葉一魂
   自由画像
   題名
萬物 新キくぬぎの手紙 に辿り着く   

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十七通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十六時十八分 五千二百六十六通
宇宙は何のために爆発したか
聲有る世界から 聲無き世界へ
それは 清明心からくぬぎの手紙への移行
古都 常飛豊
新キ くぬぎの手紙
左 古都葉の世界 清明心
右 新キ くぬぎの手紙
豊差=手紙のかなカナ真字の数の差
實に わかりやすい
さうすると これから どんどん どんどん
豊になって行きますか? 私塾鶴羽實は
日々の字ッポンワークだけで伸びて行く
祈ることなく 願ふことなく 只字ッポンワーク 

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十六通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十六時九分 五千二百六十五通
聲ある清明心から 聲無きくぬぎの手紙へ
左 清明心 聲有り
  聲 トコトンユタカ
右 新キ くぬぎの手紙
 人心  手紙の東和の葉 一葉一魂
 天心  自由画像
 天王心 題名
 新キ  くぬぎの手紙
 聲無世界
 手紙の恵 無限
 豊差=くぬぎの手紙の東和の字の数
   =一葉一魂の数
 これから 起きて来る現象が楽しみです 

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十五通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十時四十二分 五千二百六十四通
くぬぎの手紙 利用法
一…学力向上の玉手箱として
二…日々の極上のツイッターとして
三…ご自身の意見発信の手紙として
四…子育て日記として
五…お店の広報紙として
六…選挙の広報として
右は 自由画像ですが
左は 清明心で固定されます
何故有効か
 隣に 清明心の本体があるからです
 その本体とは 人心 天心 天王心
ご利用ご希望の方は お電話で…

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十四通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十時三十一分 五千二百六十三通
夏期講習
小学生
 毎日一時間 文章題 二万円
中学生 一 二年
 毎日二時間 数学が柱 三万五千円
中学三年
 毎日 午前三 午後三 計六時間
            五万円
高校生 数学文系
 毎日一時間 二万円

但し 日曜は休み 伸びますヨ 
 

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十三通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)十時十三分 五千二百六十二通
電話が鳴った
夏期講習 まだ空き在りますか
はい 大ありですよ 只今激減してましたから
そんな話をした 
勉強は 超苦手な方らしい
じっくり 正負の計算からやり直し
文章題が 解ける様になれば 大丈夫
面接の時に 言ふつもりだが
こちらには 清明心のくぬぎの手紙の
字ッポンワークが ありますからね
これが スゴイ力を 発揮してくれます
これがら 日々 問合はせ増えて
昔の様な活気溢れた私塾鶴羽實に 戻りますね

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十二通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)九時五十一分 五千二百六十一通
二年前か 三年前
庭床起で
ストロングを呑んで居る時
もっともっと豊になりたい
とことん豊になりたい さう思った
その時に 開発した文字が
常飛豊
まさか それが 始語とは?
兎に角 今ある お受験の頭デッカチ諸君
この諸君が 国民から分捕った金を 山分けする
そんな豊差の公式の上を行く
新しい 豊差公式を作りたかった
この公式なら いつでもやり直しがきく

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十一通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)九時四十二分 五千二百六十通
東和三柢
折角ですから
東和三柢の写真
サイクリング
私塾鶴羽實の写真を載せて
始語 三真字三昧の暮らしを
掲載して行きます
また 政治から 開放されました
ホッとしてゐます
くぬぎの手紙を書きながら
始語 三真字三昧で 人生大丈夫
是を 自分の暮らして 証明したいと思ふ
これで 日本 変はると思ひますヨ

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百六十通
岩田修良 令和三年七月二十二日(木)九時十四分 五千二百五十九通
よう 粘ったな ご苦労さん
そんな所でせうか
萬物を王聲せしめて その恵を戴く
それで豊になる
どうやら その目的が達成されたかも
人心 …天地之詞 十二詞 解説
天心 …白の日輪
天王心…三真字の始語
無漏=悩み無き世界
   トコトンユタカの音色
音色の恵は 無限
豊差は 始語七の聲の個数
遊びながら 常飛豊になれるかも…

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十九通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)十六時五十二分 五千二百五十八通
草の解析
草=十十十日
 =三十 一ロ
 =三十一 ハし
 =三十一 葉詩
 =ヤマイハナヲルシ(八) 
  クラシワユタカデ(八)
  コノヨワヘイワデ(八)
  トコトンユタカ(七) 三十一葉詩
草は 個々炉で 王聲してゐた
驚きです
 

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十八通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)十五時二十四分 五千二百五十七通
古代 夷の暮らしが見えて来た
一 家…東和古民家
二 庭…d 槙葉日輪
三 隣…萬象之森・つるばみ
四 草取個々炉に奉納

 歌は 三十一葉の個々炉の輪歌
  病は治るし
  暮は豐かで
  此世は平和で 
  常飛豊

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十七通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)十五時十二分 五千二百五十六通
古代 東和の絵三詩の暮らし
国旗 青天白日
国歌   青空鶴ばみ庭床起
家庭の詩 青空 …庭土
     鶴ばみ…d
     庭床起…東和古民家
庭詩   青空 …隣の檪の葉
     鶴ばみ…庭のdの葉
     庭 床 起…庭・幹・槙葉
三十一葉の個々炉の輪歌
 病は治るし 暮らしは豊かで
 此世は平和で 常飛豊
個々炉の輪歌を歌って 暮らしてゐた   
      

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十六通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)八時三十七分 五千二百五十五通
出て来い 東和党!
禍火種党 
 特技 
  隠蔽 改竄 知らんぷり
  抵抗勢力 反日匪賊のネーミングで世論形成
  自尊心の肥大 自分は常に愛国 絶対善
  良心の麻痺 平気で邪魔者は消せる
  常に怯えてゐる 誰かにやられる強迫観念
こんな禍火種党から
日々沢山の 人災 そして天災が発生
この 禍の火種に気づかない 日本国民
だから 禍は 絶え間なく発生 諸悪の根源は
禍の火種を考へぬ 市民と庶民の知的怠惰である

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十五通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)八時十六分 五千二百五十四通
出て来い 東和党!
詩民を第一に考ふる党
詩民とは 一葉一魂
しかし 世に出て来る時は 違ひます
清明心の音色となって登場
したがって 詩民の庭と家には
必ず清明心の音が宿る それが
 青空 …庭土
 鶴ばみ…d
 庭床起…東和古民家
市民より詩民の一葉一魂の家庭を優先
庶民より書民の一葉一魂の家庭を優先
市民より 庶民より 詩民と書民を重んずる東和党

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十四通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)八時四分 五千二百五十三通
出て来い 東和党!
書民とは 誰か
詩民とは 誰か
青空に暮らす言葉 いや
青空に暮らす詞  いや
青空に暮らす古都葉 一葉一魂
すなはち 詩民
よつて 東和党は 詩民ファースト いや
詩民の暮らしを第一に考ふる党
詩民も 市民と同じ様に 家に住みたい
さう思ふ だから 東和党は
詩民が 安心安全 そして豊な気持ちになれる
そんな詩民が住む家を拵へます これが庭床起

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十三通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)七時四十五分 五千二百五十二通
出て来い 東和党!
東和党は 庶民 市民の党
しかし ちょっと字面が違ふ
東和党は 書民 詩民の党
一葉一魂 書民の党
一葉一魂 詩民の党
だから くぬぎの手紙を大切にします
といふか そもそも
東和党は くぬぎの手紙から生まれて居ます
くぬぎの手紙は 一葉一魂の思想で開発された
だから ここの書民 詩民を大切にします
ここのかなカナ真字に 
一葉一魂すると仮学するからです

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十二通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)七時二十八分 五千二百五十一通
出て来い 東和党!
今 禍火種党に勝てるのは
清明心の心源地を党旗にする東和党だけ
清明心の実体は
青空 鶴ばみ 庭床起 といふ音色
この音色が 発見出来なかった
過去の文華人も この音色を発見出来なかった
だから 国が荒れた
ところで 禍火種を国旗とすると どうなるか?
それは 實は 国宝として今に残ってゐる
真実は世に残る といふ様に 今に残る
土佐光信は 絵で警告した
国民は 餓鬼畜生に成って行きますヨ とね

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十一通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)七時十二分 五千二百五十通
出て来い 東和党!
東和党は 庶民 庶民を大切にします
しかし ここで言ふ庶民は 
一般的な意味の庶民ではなく
書民であります
一葉一魂書民の道
野球 剣道 サッカーに道がある様に
言葉にも道があります
それが一葉一魂書民の道
背中に横文字書いて恥を知らぬ
欧米諸国が 文字を縦に流して
かなカナ真字で アメリカの警察
かう 書きますか? 一葉一魂書民の道

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百五十通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)七時一分 五千二百四十九通
出て来い 東和党!
禍は 初めのワは「□(四角)」のワ
   ザは 座するの「座」
   ワはわっぱの「輪」
   ヒは垢垢燃える「火」
したがって 禍は
  四界に座する輪っぱの火
  つまり 今の日の丸です
  これを大切にする党 禍火種党
  だから 隠蔽 改竄 知らんぷり
  もう終はりにしませう
  禍を 垢垢湧かす禍火種
私は これで悪党たちの禍火種党に勝てると思ふ

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十九通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)六時四十四分 五千二百四十八通
出て来い 東和党!
党名 東和党
党旗 青天・白・日
党歌 清明心
   青 空…青天(清)
   鶴ばみ…白 (明)
   庭床起…日 (心)
 清明心の正体は 音色そのものですが
 その音色も積もると 庭や家の形になってきます
 しかし!今 最も重要なことは 清明心=生命心
 そして その正体が音色であること
 そして その音源地が 青天白日旗にあること
 私は これだけで禍火種党に勝てると思ふ
  

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十八通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)六時二十八分 五千二百四十七通
詞の解体 もっと綺麗すると
詞…言
  司
   言=ロト二=二和トこ=庭床
   司=ムロ=ムくリ=起
清明心
 清=青シ=青詩=青空
 明=月日=白 =鶴ばみ
 心=しヽハ=詞の寝=詞の音=庭床起
禍心
 □座輪火=四界に座する輪の火
     =日の丸
異心革命より 今日迄続く禍の火種を考ふべし

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十七通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)六時十八分 五千二百四十六通
ものづくり より 心づくり
禍心
 □座輪火=日の丸
清明心
 清=青シ=青詩=青空
 明=月日=白 =鶴ばみ
 心=大しヽハ
  =題詞の寝
  =「詞」の音
  =ロ・ト・二=二和トこ(司)
   六ロ=六くリ(言)
  =庭床起
何時か 清明心=青天→白→日の党旗が出て来る   

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十六通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)六時四分 五千二百四十五通
江乃○於
江=エシ=ゴし=五詩
乃=ノ目ぐ3=恵は
○=輪=は
於=ムケ二
 =無限
五詩=青 空…隣の檪の葉っぱ
   鶴ばみ…庭のdの葉っぱ
   庭  …庭土
   床  …槙の木
   起  …槙の葉っぱ
 こんな解釈が 成り立って来る
 奧行きが深い故に 迷ふこと甚だ多い
  

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十五通
岩田修良 令和三年七月二十一日(水)五時五十六分 五千二百四十四通
清明心の幸せを考ふ
幸せ=詩合はせ と仮定すると…
一の詩合はせ
 青空…庭土
 鶴ばみ…庭のd
 庭床起…東和古民家
二の詩合はせ
 青空 …隣の檪の葉っぱ
 鶴ばみ…庭のdの葉っぱ
 庭  …庭土
 床  …槙の木
 起  …槙の葉 となる 私の場合は
実体があるので「詩合はせ」ソングにしてみたい

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十四通
岩田修良 令和三年七月二十日(火)十九時五分 五千二百四十三通
過去の文華人の音色
空海 秘密主 東和=ツルハネマコト
貫之 惠實詞 ノしノし鶴ばみ
定家 惠實詞 ノしノし鶴ばみ つるばみ萌える
苦集滅道   ノしノし鶴ばみ つるばみ萌える
東和の庭歌  ノしノし鶴ばみ つるばみ萌える
イロハ歌   庭の槙の葉=明るく
仏教     心印 狐の嫁入り(角隠し)音色無
田代栄助   音色=山川
全て 
清明心=生命心=青空鶴ばみ庭床起 に
到達出来なかった 此世の混乱は
日本人が 天地之詞を訳せなかった事に由来する

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十三通
岩田修良 令和三年七月二十日(火)十八時四十分 五千二百四十二通
清明心
清明心の実体は
音色そのものでした
 青 空(清)
 鶴ばみ(明)
 庭床起(心)
何故 国が荒れた 世界が荒れた
清明心 すなはち生命心
すなはち 青空 鶴ばみ 庭床起の音色
この音色が発見出来ず 
しかも 詩者の踊り場を用意出来なかった
結果 豊差=清明心の音色×個数

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十二通
岩田修良 令和三年七月十九日(月)二十時十四分 五千二百四十一通
悪党自滅解体を狙ふ方
是非 くぬぎの手紙のご利用をご検討下さい
私は 
どんなデモよりも
どんなユーチューブよりも
どんなブログよりも
どんなツイートよりも 効力有りと考へます
何故か
ここの文字は 只の文字ではない
天地の古都葉だからです
その天地の古都葉が 
宇宙の始語に帰って往くからです
そして ここは 一葉一魂ですよ ここは…

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十一通
岩田修良 令和三年七月十九日(月)二十時六分 五千二百四十通
秋の衆議院選で 悪党自滅
兎に角 野党では勝てない
だったら 悪党自滅解体 これしかない
どうやって?
力をも入れずして
天地を動かす 青空の古都葉であった
そんな 古都葉が どこにある?
ここですよ ここ くぬぎの手紙
ここから 先が難しかった
この先は 直ぐ上の 絵三詩であった
だから 何度も 東和党設立を考へた
しかし 今更 下界に戻ること無し
絵三詩の世界に突入した 難しかった

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百四十通
岩田修良 令和三年七月十九日(月)十九時五十七分 五千二百三十九通
今度こそ 解説も含めて完成か
ここが 天地の古都葉
つまり 青空の古都葉
音色は ノしノし
    鶴ばみ
    つるばみ
    萌える
    この音色は 世に言ふ陀羅尼
    三苦の時に使ふ
    音色に偉力があるから
    その音色を楽しむことが重要
上の絵三詩は 聲無し世界 
三苦に苦しむことなければ くぬぎの手紙を楽しむ

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   新キ くぬぎの手紙
人犬   人心…手紙の東和の字 一葉一魂 一葉一紺
上末   天心…右絵無題字
由王さる 天王心…白地
遠不世与 この世は 常飛豊に なりますヨ
江乃○於 手紙の恵は 底なし無限
奈禮居天 豊差は くぬぎの手紙 東和の字の数
常飛豊 令和三年七月二十三日 午後六時十一分 五千二百三十九通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)縦二十三文字×十八行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン