くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)十一時八分 四千二百九十五通
悪人と決めつけ それを成敗
私は どうも違ふ
清明心と言ひますか 本心良心と言ひますか
さういふ本来の「心」が作動してゐないために
人心が乱れ 此世が乱れてゐる
したがって 囚人諸氏も
懲らしめ懲らしめ 二度と悪事を働かぬ
そんな指導ではなく 本心良心の発動
さういふものを考案していかないと
思ひ遣りのある社会とは 名ばかりで
虚ろな眼の ヒキガエルの様な政治が続き
常に 誰かを悪人と決めつけ 
皆でその人達をいぢめ抜く そんな社会が続く

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十五通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)十時五十二分 四千二百九十四通
薩長の非道
薩長の非道は 単純明快で
自分たちに刃向かふ者は 極重悪人
だから 殺して成敗してみせしめる
これが人道的不可となると
今度は 過酷な労役を与へて苦しめ
反抗すると かうなりますよと みせしめる
労役が不可となると 再び殺して成敗
これが 朝鮮人虐殺・甘粕事件
これは 今尚 共産党を「アカ」と見て
極悪非道の民とする認識に同じ
私は共産党でも マルクス主義者でもないが
国民の玉木とか 石川立民県連諸氏には腹が立つ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十四通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)十時三十一分 四千二百九十三通
薩長の非道の流れ
薩長の非道の流れ
一…戊辰戦争
二…大久保の狂喜(佐賀の乱)
三…伊藤・山縣・金子・岩村の非道
   北海道の集治監
四…関東大震災の非道
   内務省のデマ
   甘粕事件
この辺りまで辿り着きました
 ここから昭和の動乱
 大東亜戦争
 そして アベスガ薩長政治復活へと進みたい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十三通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)十時十八分 四千二百九十二通
北海道は気楽に走れんな
『赤い人』を読んだだけでは不十分だった
それを元に 道路開削工事の現場を追ひ
それを地図にして 初めてその長さに驚いた
吉村昭が 北海道を走るときは 
是非その影にあった苦労を知ってもらひたい
そんな事が どこかに書かれてゐたが
全くもって その通りだと思った
幌内炭田の労苦は 本を読めばわかります
総理を狙ふ野党諸氏
政権奪取を狙ふ野党諸氏には
是非吉村昭の『赤い人』を読んでいただきたい
私たちは つくづく勉強不足だと痛感しました

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十二通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)十時八分 四千二百九十一通
岩村高俊は嫌な奴
岩村高俊は 嫌な奴
好かんなー と常々思ってゐたら
兄の通俊も 北海道で 
国事犯を捕まへては 道路の開削工事に使用する
金子堅太郎と山縣の考へは 既に書いたので省略
伊藤博文は アメリカに到着後
全権委任状無く条約改正交渉出来ぬとわかり
二人で アメリカから日本に戻り
おほよそ二ヶ月 委任状交付に
大久保と苦労したので これを機に
伊藤が 大久保の子分的な役割を演ずる様になり
非道の考へを持つに至ったのもわかる気がした

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十一通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時五十七分 四千二百九十通
樺戸集治監
強制労働といふのは共産圏だけに存し
日本には無いと決め込んでゐたので
樺戸集治監を知った時は ショックでした
しかし
 伊藤博文の発案
 金子堅太郎の国事犯の人間観
 山縣有朋の改心無き懲らしめ
 初代北海道の道庁岩村通俊を知ると
妙に納得しました
伊藤は 岩倉使節団で 大久保の子分の様になり 岩村通俊は 高俊の兄で 高俊は 河井継之助を挑発 佐賀の乱では島と江藤を挑発

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百九十通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時三十六分 四千二百八十九通
母祖の歌…十五
過酷な労働で
五年堪えて生きるのが精一杯
亡くなると 土まんじゅうと呼ばれた土葬
そこには 熊笹があるだけで
母祖の樹は植ゑられてゐません
せめて その土まんじゅうに
母祖の樹を植ゑてあげられたら…
さう思ひ これからは 皆さんと
土まんじゅうの小山に
母祖の樹を植ゑたいと思って 
この樺戸集治監にやって来ました

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十九通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時三十分 四千二百八十八通
母祖の歌…十四
野山に母祖の山
野山にコナラの山を作って
どんぐりの歌 
いや つるばみの歌を歌って過ごした
つるばみ 鶴ばみ 鶴羽實萌える夫!
こんな古代惠實詞の国を想像します
ところが つるばみ といふ音色に
蛇(はみ)が含まれてゐるので蛇道と思はれ
邪道とされ 心を穢す歌と朝廷に思はれ
惠實詞は 蛮賊邪教として嫌はれた
以後 歴史の表舞台に立てずに 
今日を迎へた こんな歴史観・国家観があります

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十八通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時二十二分 四千二百八十七通
母祖の歌…十三
朝廷に囚はれた人々 当時の夷ですね
どうも 古代夷は 朝廷の囚はれ人で
蛮賊 卑しい民とされたのではないか
そんな思ひがあるものですから
政府に楯突いて 囚はれた方々が
古代夷と重なって見えてしまふのです
私は 夷は惠實詞で
 實…絵の實
 恵…鶴ばむだ芽
 詞…萌えるつるばみ
左の国旗で こんな国旗が古代に
あったのではないか さう思へてなりません

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十七通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時十四分 四千二百八十六通
母祖の歌…十二
私が 母の心
つまり 母の「コ衣」を発見しましたのは
つい 最近のことでありますし
母祖の歌も 最近発見したものであります
したがって 「母祖の歌」の効能も
母の「コ衣」の効能も 未だ わかりません
ただ 私も皆さんと同じ様に
あの薩長の異心革命には 異論がござゐます
皆さんは 自由だの 人権だのと 
西洋の言葉を用ゐて 政府を批判しますが
私は この国の文華 もう少し正確に言ひますと
朝廷に嫌はれた この国の古代夷の文華(続く) 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十六通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)九時三分 四千二百八十五通
母祖の歌…十一
母祖の心
 舞台は女手
  親…親指
  母…人指=心の母
  兄…中指
  姉…薬指
  子…小指
この母に「コ衣」の衣服を着てもらふ
上の地図の左にあります
心の母を強く折りますと
横にしてみると「コ」の字が出て来ます
これを 母祖の心と考へ(続く)

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十五通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時五十五分 四千二百八十四通
母祖の歌…十
そして 最後になりましたが
もう一つ 歌が面倒だ! 
そんな方もをられると思ひ
手の「母」に 代はりに歌ってもらふ
そんな手の「母祖の歌」も開発したので
ご紹介します
まづ 手に男手と女手にわけますと
手の母は どちらに住んでゐるかわかります
女手ですね 力が強い方を男手としますと…
女手は 左手となります
よって 母は左手の「母」といふことになります

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十四通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時四十九分 四千二百八十三通
母祖の歌…九
自分が 此世を去ったら
野山の「母祖(コナラ)」になって
大地に 心の鐘を鳴らす
そんな世界が あるかもしれません
こんな妄想と言ひませうか 夢と言ひませうか
そんな母祖の歌を考へて見ました
苦しい労役に苦しむ皆さんの
お役に立てるかどうか 全くわかりませんし
この歌が その労苦を癒すかどうか
そんな証拠も 実績もありませんが
今の私には この歌をご紹介する
それしか ござゐません ご容赦下さい
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十三通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時四十分 四千二百八十二通
母祖の歌…八
その「つるばみ」聲をかけて見て下さい

つるばみ
鶴ばみ
鶴羽實
萌える
夫! 

そして 森の中に ぽーんと放つ
その「つるばみ」が 
やがて鶴ばんだ芽を出し 立派な鶴羽實になる
そんなことがあるかもしれません

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十二通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時三十六分 四千二百八十一通
母祖の歌…七
まことに馬鹿馬鹿しく
慰めにもならぬ歌に見えますが
私は こんな音色が大地に 木魂して
生き物が進化して来た 
そんな気がしてなりません
つまり 大地の音色ですね
辛く厳しい労役 そんな時に ふと
この母祖の歌を思ひ出しましたら
それとなく 大地に木魂する音色として
口遊んで見てください
そして 道ばたに落ちてゐる
どんぐり いやつるばみを見つけたら…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十一通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時三十分 四千二百八十通
母祖の歌…六
母祖の歌
 つるばみ=實
 鶴ばみ =芽
 鶴羽實 =木
 萌える =葉っぱ
 夫!   景気づけ!
これは どんぐりの成長の歌なので
およすげ(成長)の歌とも 名づけてみました
過酷な労働で 
娑婆に出る夢も断たれた方もゐます
何を頼りに暮らせばいいのか 思ひ悩む
いや そんな悩みも湧き出る余裕すらない

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百八十通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時十三分 四千二百七十九通
母祖の歌…五
どんぐり→つるばみ
芽を出し→鶴ばみ
木になり→鶴羽實
萌える →萌える

出来ました
どんぐりの歌
いや つるばみの歌
いや つるばみを産んだ母祖の歌です
歌ってみるとわかりますが 夫(ソレ)!
を足すと 調子が整ひます
そこで こんな歌にして完成させました

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十九通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時八分 四千二百七十八通
母祖の歌…四
どんぐり つるばみ
芽を出し 鶴ばみ
木になり 木になり
萌える  萌える

こんな歌になりました
そこで「木になり」が「気になり」始めたので
何か良いどんぐりの木の名前がないか調べ始めました どんぐり=つるはみ(つるばみ) そこで 辞書で調べてみますと つるはみ=鶴羽實 こんな語源説がありました これをヒントに 母祖の歌を 少し変へてみますと…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十八通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)八時二分 四千二百七十七通
母祖の歌…三
そこで どんぐりを二千個位拾って来て育ててみました プラスチックのたこ焼きのお皿みたいのが沢山ある そんな種床を沢山用意して
あべまき くぬぎ コナラ この三種を育ててみました
春になりました
一斉に芽が出始めました するとどうでせう?
左の絵の様な「鳥の姿」の芽が沢山出て来ました
余りにも 綺麗な鳥の姿に驚きました
そこで その「芽」を「鶴ばむ」でゐるので
「鶴ばみ」と読み 歌を変へました 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十七通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)七時五十五分 四千二百七十六通
母祖の歌…二
母祖の歌

どんぐり
芽を出し
木になり
萌える
こんな歌です これを昔の言葉に直しますと…

つるばみ
芽を出し
木になり
萌える …かうなります 種を育ててみますと…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十六通
岩田修良 令和三年四月二十九日(木)七時五十分 四千二百七十五通
母祖の歌…一
集治監での講和

母祖の歌
 古代ローマ詩人・ウエルギリウスは 人間はどんぐりから生まれて来た そんな話が残ってゐます 進化論無き時代のどんぐり人間生誕説であります そこで どんぐりを調べて見ますと 三十二種類あって 親指大のどんぐりは あべまきとくぬぎの二つ ちょっと気になる名前のどんぐりの木を見つけました 今のコナラです 昔の名前をハハソと言ひます その「母祖」の歌を見つけたので それをまづご紹介したいと思ひます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十五通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時四十分 四千二百七十四通
私の囚人への説法…七
仕事の後は 手は自由になりますね
そんな時 よし 俺も不動心を持って
何時か ここを出て 世の中に役立つ人間になる
そんな ご覚悟が出来ましたら
是非 鈴木正三の言ふ
悪心滅却の「不動心」を手にして見て下さい
お役に立つこと有れば 幸ひです
さて 明日は 悪心滅却ではない
本心良心の発動のお話をします
もちろん この心印とは 違ふものとなります
どうも 私の研究では 日本には
仏教とは違ふ心印が 古代流行ってゐた様です

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十四通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時三十四分 四千二百七十三通
私の囚人への説法…六
不動心

 「一」といふ文字が浮かび上がります
 そこには「心剣」の「矢」があります
 つまり「垢心」を截断する「矢」があります
 その「一」と「矢」を合はせた文字が
 一+矢=一+←=不 で
 それは動きません 
 だから この心印を「不動心」と言ひます
 皆さんは ツルハシ持って道路の開削ですから
 そんな不動心なんて作ってられねーよ
 さう思ふかもしれません でも休憩時間とか…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十三通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時二十八分 四千二百七十二通
私の囚人への説法…五
親指…「ノ」反らした姿
人指…「ノ」とか「つ」にも見えます
肝心なのは「垢心」の截断です
截断とは言ひましても
実際に 「心剣」で截断するわけではありません
したがって「垢心」は
有る様で無く 無い様である
そんな状態となります
これを「生まれず滅びず」と言ひます
成る程 垢心は 生まれてもゐませんし
滅びてもゐませんね 
そこで 親と人の手をもう一度見ますと…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十二通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時十六分 四千二百七十一通
私の囚人への説法…四
矢と言ったら 是
この「人指」しかありませんね
そこに「アカ」い心があります
さて 何でせうか?
さうですね 爪の「アカ」ですね
これが「垢」の心です
この「垢」の「心」を 心剣で截断します
心剣とは ボスの剣でして
親指を ぐっと反らした姿を
「心剣」と言ってゐるだけです
その「心剣」を「垢の心」の首取る様に
当てます 第一関節に当てます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十一通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時九分 四千二百七十通
私の囚人への説法…三
さうですね
人と親指を残して
小指・姉さん・兄さん指を丸めて
山にする これを三輪山としませう
残りの人と親の形を見ると
ちゃうど「つ」といふ文字に見えますね
この「つ」の中に悪心がゐます
それを見つけるのですが それを正三は
殺生せよ 殺生せよ 刹那も殺生せばれば
地獄に入ること矢の如し
と言ひましたから 地獄の矢から
探してみませう! 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百七十通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十九時二分 四千二百六十九通
道元
道元といふ名前を聞いたことが
あるかと思ひますが その道元の禅宗の話を
うまくまとめたお坊様がゐます
名を栄西と言ひますが その方が
仏教は 言葉ではない心印だといふことを
過去の色んな経典から説明します
その心印の奥義と言ひますか
その心印の極意と言ひますか
さういふものを掴むには
まづ 進む心を持つ事が始まりだ
さう 江戸時代の鈴木正三は説くわけです
皆さん 突撃のサインを少しやってみて下さい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百六十九通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十八時五十五分 四千二百六十八通
私の囚人への説法…二
まづは 悪心を断ち切る方法です
是は 詳しくは鈴木正三といふ
江戸時代のお坊様の書籍を読まれるといいですが
集治監では とても読めませんので
私が 代はりにお話します
一…進む心を持て
 これは 前に「進む心」です 
 それを持てと言ふのですが 仏教といふのは
 手の心を言ひます 千手観音といふのを
 見たことがあると思ひますが あれは
 色んな姿をしてゐますが あの手の形のことを
 仏教は 心印と言ひます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百六十八通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十八時四十九分 四千二百六十七通
私の囚人への説法…一
私の様なものが 皆さんに説法出来る
そんな身分ではありませんが
私は 長年 平安時代に流布した天地之詞
さういふものを研究してまゐりました
そんな中で 明確にわかったことが二つあります
それは 人が善なる道と言ひますか
良い方向に歩き出すと言ひませうか
その道には二つあると言ふことです
一つが 悪心を断ち切る 悪心を截断する
今一つが 本心良心と言ひませうか
清明心といひませうか さういふ良い心をですね
発動させる そんな方法です

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百六十七通
岩田修良 令和三年四月二十八日(水)十六時三十四分 四千二百六十六通
着目したいことは 唯一つ
囚人諸氏を
日本の思想で善導出来ない事だ
仏教徒も 仏教が心印であることを忘れ
能書き垂れるだけになってゐることだ
そもそも 日本の思想って何だ?
ここが 完全に曖昧といふか
追究されずに 西洋文化を輸入したことだ
江戸の鈴木正三がゐたら 何と言ふか
その鈴木正三の教誨師の説法から ご紹介したい

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千二百六十六通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン