くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年五月三日(月)九時二十九分 四千三百五十五通
遠不世与
遠=十一之イロハ
 =東夷の色は=は
は=ト折・○・ノ・こ転
 =東和の古典
不=ハ目ーハ「一」
 =山の寝「遠」
 =山の音と(世与)

人 …床屋根=つるはみ
天 …起屋根=つるはみ
天王…棟  =つるばみ
東和の古典「山の音」とせよ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十五通
岩田修良 令和三年五月三日(月)九時七分 四千三百五十四通
言技
室苔=無炉・十十ノしロ
  =無炉・東和の城
   無炉=萌無(萌え無い)
大和詞=山跡詞
   =つるはみ つるはみ つるばみ
 人犬=人・ニハトこノハ寝
    人・庭床の屋根
 上末…上=テ=天=太陽
    末=奈=六・小・二
       =六・ク・リ=起
由王さる…日ー王=日ノ王
     さる…しろノ十=城の棟  

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十四通
岩田修良 令和三年五月三日(月)八時五十六分 四千三百五十三通
井出為吉
色川大吉の『民権百年』に
佐久郡の相木村の井出為吉が登場する
秩父事件に わざわざ長野から応援に来た人だが
その家を訪ねて お蔵を見せてもらふと
フランス革命 ルソー スペンサー ミル
ボアソナード そんな本やら読書メモが出て来る
それが お侍ではなくお百姓さん
かう驚いて 色川は讃辞するが
私は ここに日本の根深い病気を見た気がした
日本の古典を引いて 日本の思想から
時の文華 政府の思想を批判出来ない
日本の平安より続く根深い病気である

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十三通
岩田修良 令和三年五月三日(月)八時四十一分 四千三百五十二通
無漏=無炉=萌えない=萌無
仏教の無漏は
東和の無炉
東和の無炉は 萌えない
萌えないは 萌無
よつて 歌詞は萌無
したがって 歌は
 つるはみ
 つるはみ
 つるばみ
それは「山跡詞」であった

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十二通
岩田修良 令和三年五月三日(月)八時三十六分 四千三百五十一通
心眼
東和の古典
心眼=の
 し…吊る=つる
 ノ…蛇 =はみ
 し…吊る=つる
 ノ…蛇 =はみ
 し…吊る=つる
 こ…蛇二=ばみ
つるはみ・つるはみ・つるばみ
意味…ハ(しノ)ハ(しノ)吊る子(しこ)
野・山に住む「ハハ」吊る「子」(d・檪)

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十一通
岩田修良 令和三年五月三日(月)七時四十八分 四千三百五十通
本日は この心印から「不死の山」へと移行した話
富士の山=ふじの山
    =ふしの山
    =不死の山 更に
  室苔=無炉・十十ノしロ
    =無炉・東和の城
東和の古典の大和詞
 大和詞=やまと言葉
    =やま□と言葉(雅言法)
    =やまあと言葉(雅言法)
    =山跡言葉(『古今集童蒙抄』)
これをヒントに
無炉(萌えず)死なない(不死)山跡言葉を発見

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百五十通
岩田修良 令和三年五月三日(月)七時三十九分 四千三百四十九通
本心をドングリの中身の「白實」とする
本心良心の正体を
どんぐりの中身の「白實」とすると
本心良心の発動は 
どんぐりの中身の成長に 見立てることが出来る

どんぐり…つるばみ
目を出し…鶴ばみ
木になり…鶴羽實
萌える …(芽が)萌える

私は この歌の歌手を上記の
「母の山」「富士の山」「母の富士」とした

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十九通
岩田修良 令和三年五月三日(月)七時三十二分 四千三百四十八通
善心への道も違ふ
やはり 中心思想は
天に代はって悪を討つ
天誅思想 悪心掃討 悪人掃討
これは 悪心 煩悩心を討つ
仏教に同じである
したがって どうしても悪人を探す
見つけ出して その時代の悪人を捌く
政府も 民衆も同じである
古代清明心の発動
本心良心の発動 そこに着目してゐる思想家は
誰一人ゐなかった 私はこの思想の欠落が
今の思想の貧困 此世の乱れに繋がると視る

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十八通
岩田修良 令和三年五月三日(月)七時二十五分 四千三百四十七通
色川大吉を読む
異心革命より始まる圧政への反抗
自由民権を謳ふ人々の反抗を知りたく
色川大吉の『民衆史の発見』
『民権百年』をパラパラと読んだ
薩長政府への反発 反抗は同じでも
闘ひ方が違ふ ここが違ふ 
そんな自分との違ひを確認する様に
政府への反抗の事件をあれこれ考へた
以呂波文字 国字の発見
仏教の真髄 日本の死想 日の丸疑心など
探ったが 出て来るのは 全て西洋の人権であり
日本の人犬を探るものではなかった

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十七通
岩田修良 令和三年五月二日(日)十時十四分 四千三百四十六通
仏法之宝
仏法之宝=打つ方の手から…(手=た)
しかし 私の調査では
日本の心=母の山
    =心の富士
    =こ・こ・ろ ですが
それは
 心を師とすることなかれ
 心の師となれ がある様に
仏教に 和文華伝承が 妨げられた
そんな歴史があった様に思はる
その真偽も 心の富士 母の山 こころが
富貴をもたらすか否か その検証でわかる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十六通
岩田修良 令和三年五月二日(日)十時四分 四千三百四十五通
ここで仏教登場
鴨長明
 心を師とすることなかれ
 心の師となれ
推察
 仏教は 打つ方の手
 仏教は 佛 法の手
 よつて 夷の心の母を否定して来ます
平安から江戸の歌
 心こそ心惑わす心なれ
 心に心 心許すな
推察 
 日本の心が否定されてゐます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十五通
岩田修良 令和三年五月二日(日)九時三十分 四千三百四十四通
こころ
只今の認識
 かな文字=漢字崩れ=真
 かな文字=古代から存す=嘘
私の認識
 かな文字=漢字崩れ=詐欺師・空海
 かな文字=古代から存す=真
 この認識は 鎌倉時代にあった
 詐欺師・空海に騙されなかったら…
 今頃 こころ=お母山の姿詞
 こんな和文華が榮え
 野山に母祖 心は母の山で
 平和で豊になってゐたのではないか  

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十四通
岩田修良 令和三年五月二日(日)八時五十五分 四千三百四十三通
和が国固有の平和政策
和が国の
平和で豊
な暮らしは
山の母から
戴きますヨ

山の母=野山のハハソ…一
   =心の母の山 …二

和が国固有の平和政策
 一…野山に母その山(岩手ダントツ)
 二…心の母の山(総理大臣他有志)

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十三通
岩田修良 令和三年五月二日(日)八時二十五分 四千三百四十二通
平和と豊な暮らしは 母の富士から…
此世の平和と
豊な暮らしは
 母の富士から戴く
 お母山 から戴く
 主の山 から戴く
 心の山 から戴く
軍事力=力でねじ伏せる平和ではなく
心の「お母さん」から戴く そんな発想である
馬鹿馬鹿しい話だが 
これが日本の印母王法と推察すれば…
虚ろなヒキガエルのバカバカしい思ひ込みより
余程 夢がある様に思へる 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十二通
岩田修良 令和三年五月二日(日)八時九分 四千三百四十一通
豊=曲豆
 =曲二ロV
 =曲千コV
 =曲千三V
 =曲線三・V(お母山の細線)
  曲線三=左・中・右
    V=皺

暮らしの豊=蔵指の「豊」
     =蔵指の「曲線三V」

豊な暮らしは お母山より 戴く

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十一通
岩田修良 令和三年五月二日(日)八時一分 四千三百四十通
平和
平和=へ一和
  へ=太線の右
  一=/=左太線

お母山=太線=へ/和=ヘー和=平和

此世の平和は
お母山から戴く

どうも古代夷には そんな考へがある様だ!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百四十通
岩田修良 令和三年五月二日(日)七時五十四分 四千三百三十九通
お母さん
お母さん=お母山
    =お・母・山
    =十ワノ・母・山
    =東和の・母・山
東和の=東和夷の
  母=左手の母
  山=富士の山

推察
 人生 心の「お母山」に任せてみるか…
一句 
 お母さん どしんと座って 富士の山  

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十九通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十九時五十四分 四千三百三十八通
塾生に 今 かう 言った
おい ちょっと来い
これ ちょいと富士山に見えるか
この富士山が 富貴をもたらす
それが 俺の仮説だが
信じるんじゃないぞ!
信じたら 殴るぞ!
信じるのは 
俺が偉くなって 金持ちになってからでいい
まあ 一〇年後だな…
お前らは 今は きちんと勉強しろ
俺の仮説=真だったら その時
自分の頭で 真似するか否か 考ふべし!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十八通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十九時四十八分 四千三百三十七通
母の富士
富士山が わかりにくい方が 居るかも…
そんなことを思ひ
わかりやすい
 母の富士
 心の富士山
 山の主 を描きました
仮説の検証には 時間がかかりますが
じっくりと 調査して行かうと思ひます
以前癌の研究者の論文を読みましたが
二十年掛けてわかったことが
自身の仮説の間違ひであったと言ふ
そんなに真偽判定に時間は かかりません

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十七通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十七時五十八分 四千三百三十六通
富貴・富士山より来たる
令和三年五月一日に出来た仮説
仮説 …富貴・富士山より来たる
     富士山…母指で造作する「富士山」
     他の指…親・兄・姉・子指は自由
母の富士
 昔の名…ヘマムシヨ入道
 今の名…母の富士
     心の富士山
     富士山
 開発経緯…左の歌を野山の母祖が歌ふと仮定
      野山の母祖を集めた姿が母の富士
仮説の検証には 最低でも一年かかるか?

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十六通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十七時三十三分 四千三百三十五通
夢ある仮説が漸く出来た
仮説
 富貴・富士山より来たる
実験
 始終富士山を造作して暮らす
検証
 一…財産が増えるか否か
 二…社会的地位が向上するか否か
 三…人の品位が高くなるか否か

補足
 富士山とは 左の母指一つ造作する
 母の富士である
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十五通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十七時十七分 四千三百三十四通
富貴・富士山より来たる
富貴…財産が多く 地位が高いこと
 一…財産が多く
 二…社会的地位が高く
 三…しかも 貴い人柄
こんな富貴が「心の富士山」から来る
そんな諺が 富貴・富士山より来たるである
世の人が目指してゐるのは
前記一二三の富貴ではなかったか?
だったら 大いに 諺の真偽を確認必要がある
何故なら 財産少なく 身分も低く
人の品位も低く 困ってゐる人が多いからだ
富貴・富士山より来たる=只今真偽確認中!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十四通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十七時六分 四千三百三十三通
心の解析
心=ハしノハ目
 =フしのヤマ
 =富士の山
  富士の山…十一の富=山
      …東夷の富=山
ところで
富貴「天」より来たるといふ諺あり
ここで 天=フ士ハ末
     =富士山 とすると…
富貴・天より来たるは
富貴・富士山より来たる となる   

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十三通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十一時十七分 四千三百三十二通
困った時 へのへのもへじに頼るなら…
誰に 我が身を委ねるか
その時 へのへのもへじが浮かんだら
よし! 「もへ人」に人生を任せよう!
さう決断したら…
蛙=かへら・かへり・かへる・かへれ・かへろ
も=まみむめも の日本文華を頭にいれて
へのへのもへじ=へ目ムしのじへ
       =ヘマムシの字へ
ヘマムショ入道=ヘマムシ・ヨ ・フし之シュ
       =ヘマムシ・三三・富士の主
       =ヘマムシ・九 ・主の富士

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十二通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十時三十七分 四千三百三十一通
およすげの歌も 母の富士も失った日本
関東大震災の時 どうしたのか?
 広大な空地に集まった人々は
 迫り来る突風 猛火に
 ナムアミダブツが こだました
 吉村昭は さう書いた
阪神大震災は どうだったか?
東日本大震災は どうしたか?
 スマホで通信か?
 スマホの無い人はどうしたか?
 今の私は 左手・五体満足なら
 母の富士 造作出来ぬ時は
 つるばみのおよすげの歌に専念か?

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十一通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十時二十四分 四千三百三十通
簡単に 古代日本を想像すると…
どんぐり王国ですね
どんぐりの古名は つるばみですから
つるばみ王国ですね
国歌は その つるばみの成長の歌

 つるばみ…實(どんぐり)
 鶴ばみ …芽を出し
 鶴羽實 …木になり
 萌える …(芽が)萌える

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百三十通
岩田修良 令和三年五月一日(土)十時十分 四千三百二十九通
この国の昔の姿
野山 …母祖の森(コナラの森)
家  …東和古民家・庭床起
庭  …dの森・槙葉日輪
隣  …鶴羽實の森
空地 …鶴羽實+此炉(槙葉日輪の代はり)
公園 …鶴羽實+此炉(槙葉日輪の代はり)
        此炉=草取奉納
不運で母の富士を造作出来ぬ方々は
     …「東和の古典」を歌ふ
不運で歌が歌へぬ方々は
     …「東和の古典」を傍らに縦祀る

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百二十九通
岩田修良 令和三年五月一日(土)九時三十七分 四千三百二十八通
天地之詞…八
奈禮居天
 居天=コノヨ+へーロ
 示奈豊=デトこトん豊
奈禮居天
 党・つるばみ
 国旗国歌 白のおよすげ曲
      左詞の通り
 (さうなれば)
 此世は平和で とことん豊
結論
 母の富士を見ながら
 自分の出番をじっと待つ事にした 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百二十八通
岩田修良 令和三年五月一日(土)九時二十九分 四千三百二十七通
天地之詞…七
奈禮居天
 奈禮・ノし二十ロ・しム
 奈禮・のじ二カ一・四ム
 奈禮の字二回読む
奈=ト折・ーハハ三
 =党・津留バミ
 =党・つるばみ
禮=二キ二カ・シロノヲしス蹴曲
 =国旗国歌・白のおよすげ曲
         およすげ=成長

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百二十七通
岩田修良 令和三年五月一日(土)九時二十一分 四千三百二十六通
天地之詞…六
江乃○於
 江=ー二シ=一富士
 乃=ノ目ぐ3=の恵
 ○=輪=は
 於=一カノト折リ
  =以下の通り
江乃○於
 一富士の恵は 以下の通り

----返信のお便り----------------------------------------------------------
東和の陀羅尼


 ノしノし=東和
 鶴ばみ =の
 鶴羽實 =古
 萌える =典
 つるはみ=しノ
 つるはみ=しノ
 つるばみ=しこ



しノしノしこ 令和三年五月十二日 午前十一時二分 四千三百二十六通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン