くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年四月十八日(日)八時三十九分 四千九十六通
今日も 萬象之森・橡
今日は これから萬象之森・橡
それから 塾の駐車場の草取り
五時間から八時間位やる予定

今 一番落ち着く場所は
萬象之森・橡である

いいですよ あの枯れ葉と枯れ木
そして そこに聳え立つ象木すなはち橡
そこで 新緑に萌える葉っぱ
青空の木と葉の森に来たのかしら?
ふと さう 思ふ時がある

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十六通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)八時二十九分 四千九十五通
青人草の継承は 何時途絶えたか
『ささめごと』
 花と申すは言葉
 実と申すはこころ

 花=つるばみ(言葉)
 実=惠實詞(こころ)

花を忘れて(つるばみ 読まずに)
実を談ずるよりあながち秘事も無し
実から花につながる
実から古都に繋がる詠みは
貫之たちから 途絶えた可能性がある

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十五通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)七時四十八分 四千九十四通
国旗国歌の名称・青人草
青=アヲ
  アヲ=ノしノ二
    =ノしノし
     ノしノし=実
よつて 実を青色にしました

国旗国歌・青人草
 ノしノし…アヲ=実
 鶴ばみ …ひ飛=芽
 つるばみ…草 =良い書の国字
 萌える …あ =天・地色に萌える
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十四通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)七時二十五分 四千九十三通
青人草 昔の人は凄い!
青=アヲ=ノしノ二=ノしノし=実
人=ひ飛=芽
草=つるばみ
あ=あめ・つち
 =天・地
 =黄緑・紺

ノしノし…実=青空
鶴ばみ …芽=青空から古都へ発射!
つるばみ…国字=古都に到着
萌える …色葉に萌えてゐる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十三通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)七時十九分 四千九十二通
青空を抜け出して 青空の古都に帰らう!


ノしノし…青空
鶴ばみ …飛び出しますヨ!発射!
つるばみ…古都(について)
萌える …(爽やかに明るく)萌えてますヨ

あいつに勝ちたい 見返してやりたい
そんな勝負の闘魂で燃えるのではなく
爽やかに明るく萌えてゐるのだ

 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十二通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)七時十三分 四千九十一通
どの様に萌えるのか?
血生臭く赤く燃えるのか…×
マグマの如くドロドロと燃えるのか…×
垢垢と垢に穢れた色で燃えるのか…×
火災 山火事 爆弾の様に赤苦燃えるのか…×
いや
天・地の如く
緑の太陽・その大地の紺色の如く燃える
いや 萌えるのだ
つまり 良い書は
つまり 代衣書は
緑の太陽 その大地の如く萌えるのだ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十一通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)七時六分 四千九十通
良い書は萌えてゐた
つるばみ=かな文字
    =草字
故に 青人草の語源展開式は 以下…
青人草=青・人・草
   =アヲ・ひ飛・草
   =ノしノ二・芽・草
   =ノしノし・鶴ばみ・つるばみ
さて 萌える音色はどこにあるか?
それは 雅言法である
ながめ=なが□め=ながあめ
あさげ=あさ□け=あさあけ
草=草□=草+あ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千九十通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時五十九分 四千八十九通
青空から飛び出してどこに行くのか?
青空の古都である
そこはどこか
国字つるばみであるが
それは 良い書!
すなはち代衣書!のつるばみであった

ノしノし=青空
鶴ばみ =青空から飛出音色
つるばみ=古都に半分到着

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十九通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時五十五分 四千八十八通
青空に帰り 更に青空の古都へと飛出せ
ノしノし=青の音色×
    =あおの音色×
    =アオの音色×
    =アヲの音色○
ノしノし
 青空の音色 五十音図の音色

鶴ばみ
 青空から飛出す寸前
 今にも青空から飛出さうとする音色
 新芽の出る音色でもある

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十八通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時五十一分 四千八十七通
青空から飛出す音色
ノしノし
 青空の音色
その音色の姿
 実・「日」の丸(実)
その「実」「日の丸」から飛出す音色
 鶴ばみ
 
 鳥の姿になって飛出す
 それは 黄ばむ 青ばむ が如くに
 鶴ばむ(ん)で 飛出す
 その姿は「ひ飛」
 すなはち「ひ」がすっんだ姿の芽

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十七通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時四十六分 四千八十六通
青を探求す
青=あお(現かな)
 =あを(旧かな)
 =アヲ(五十音図初めと終はり)

アヲ=ノしノニ
  =「ノし」の二
  =ノしノし
青=アヲ
  アヲ=ノしノし
結論
 青空の音色=ノしノし
 五十音図=青空から戴いたものなのか? 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十六通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時四十一分 四千八十五通
青人草 の 青人
青=あお(現かな)
 =あを(旧かな)
 =ア…………
  ……………
  ……………
  ……………
  ……………
  ……………
  ……………
  ……………  五十音図は
  ……………  アヲから
  …………ヲ  戴いた

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十五通
岩田修良 令和三年四月十八日(日)六時三十六分 四千八十四通
青人草の研究
青人草が 左の国旗国字である事を推察します
まづ 青人草の意味ですが…
広辞苑曰く 
 民 民草 国民 蒼生

明らかに生身の人ではありません
生身の人が 草である筈がありませんから…
すると 民草は誰なのか?
亡き人しかありません
つまり 萬物 青人草に帰る
こんな死生観があったと想定します
もちろん この死生観を破壊したのは空海です

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十四通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十八時二十六分 四千八十三通
私塾鶴羽實の庭と鶴羽實
此炉の個々「炉」の音色
ノしノし鶴ばみつるばみ萌える

ノしノし=円形=○
鶴ばみ =白く鶴ばむ○
鶴羽實 =檪
萌える =葉っぱ

橡ではなく鶴羽實としたのは
象木の樹形を形取らずに成長したから 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十三通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十七時五十二分 四千八十二通
昨年は 草取奉納全国一を目指した
昨年は 草取奉納全国一をめざして
草を採りまくり
秋に不思議な現象が起きました
雑草の質が変はる
どう変はるかと言ひますと
見映えのいい雑草に変はって来る
この現象は 前々から発見してゐましたが
昨年の秋は その実感が確信に変はりました
草取奉納 楽しいですよ
集中力付きますからね
机仕事の人に 心の教育私案が出ないのは
事務所で 暮らしてゐるからです 草取り!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十二通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十七時三十九分 四千八十一通
おーい 草は殺すなよー
おーい 心有る方々
草は 殺さずに 此炉に奉納されたし
何故かって?
そりゃー あなた
草は 青人草でね
その青人草は 青・日・飛・草で
東夷の色葉国字の音色の所有者ですヨ
まあ 大袈裟に聞こえるかもしれんが
心の国王ですね
いやー 草取り草取り草取り
もう兎に角 草取りに徹して来ましたが…
驚きの発見でした 青・日・飛・草は…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十一通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十七時三十一分 四千八十通
青人草
青…葉の影色
日…実
飛…芽(飛ぶが如き)
草…つるばみ

雑草=青人草
  =青日飛草
  =ノしノし 鶴ばみ つるばみ 萌える
  その雑草の音色が 此炉の個々「炉」から
  飛び出して 四つの音色の実体となる
青人草 それは青・日・飛・草で
国字国歌の音色の実体であった 驚きです

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千八十通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十七時十七分 四千七十九通
私の此炉には 草が奉納されてゐる
私の此炉の中には
青人草が入ってゐる
音色は 多分
ノしノし 鶴ばみ
橡 萌える
音色が 
此炉の個々「炉」から飛び出して
枯れ葉→枯れ木→檪→檪の葉っぱ
そんな絡繰りだ と推測してゐる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十九通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十七時十一分 四千七十八通
農高三年生に夢ある話
くぬぎ あべまきの腐葉土は
もの凄い力があるさうだ
菊の展覧会で優勝した人も
その背後に くぬぎの腐葉土の力を認める
その腐葉土の作り方だが
俺の研究では 蓋付小穴の此炉が一番いい
 好気性良し
 発酵環境良し
 腐葉土全国大会あれば出したい位
また 豊橋で会ったお年寄りの話
他の肥料より ずっと良く 実の成り方が違ふ
さう 聞いた 檪の純粋培養の腐葉土!

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十八通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十六時二十五分 四千七十七通
萬象之森・橡
庭から見た萬象之森・橡

ノしノし…枯れ葉
鶴ばみ …枯れ木
橡   …檪
萌える …葉っぱ

枯れ葉が枯れ木になって
苦脱ぎ橡となって萌える
そんな物語となりました

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十七通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十六時十分 四千七十五通
天地之詞
眉の本性…国旗国歌
天国  …東和の庭
言技之王…萬象之森 を人に知らせよ
三詩の恵は 以下の通り
党つるばみ(現れて)
(やがて)国旗・国歌「昔の曲」
ノしノし鶴ばみ つるばみ萌える
(かうなれば)此世は平和でとことん豊

豊=しロノ二曲→ムカしノ曲に修正

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十五通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十五時五十三分 四千七十四通
江乃○於
江乃○於
 シゴノ目ぐ3輪「一カノト折リ」
      ↓
 三シノ目ぐ3輪「一カノト折リ」
 
 三詩の恵は「以下の通り」
  一詩…国旗国歌
  二詩…東和の庭
  三詩…萬象之森・橡←この音色
 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十四通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十一時二十一分 四千七十二通
知的怠惰
日の丸の正体も
仏の正体も
空海が かな文字を 極度に侮蔑したことも
かな文字が 東夷文字 夷文字と古称された事も
薩長一揆の極悪非道の分捕一揆の実体も
日本語が 助詞で文を組み立てることも
国字が縦書であることも
みーんな忘れて 今だけ金だけ自分だけ
これでは 悪党がのさばり
分捕り山分け政治を行ふのも 自然でせうね
国を思ふなら 祖国を思へ 祖国思へば
必ず 東夷に辿り着く そこは 縦書ですヨ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十二通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十一時十分 四千七十一通
日本語の文の組み立ては何か…
多分 日本人で答へられる方は皆無
いや 十人から百人位はをられるか
それは
西洋の様に 
主語+述語で文を組み立てるのではなく
助詞で文を組み立てる言語である
古くは 松下大三郎が
日本語は テーマ語であると言った
象は… 鼻が… 長い!
テーマが 象から 象の鼻に移って行く
助詞で文を組み立ててゐることもよくわかる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十一通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十一時二分 四千七十通
難しいのは国字だ
東夷=東に夷
  =東に惠實詞
  =東に芽出詞(惠實詞の異称)
国字=つるばみ
   以呂波=い呂葉
      =釣蛇・ロノロ・葉
      =ツルハミ・和ノ和・葉
      =つるはみ・ノ和・葉
      =つるばみ・葉
      =色葉・つるばみ

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千七十通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十時五十四分 四千六十九通
知的怠惰
空海が 国字を侮蔑したことも忘れ
仏教が 心印であることも忘れ
仏教を 無批判で仰ぐ
しかし その仏の実体は追はぬ
何故か?
知的怠惰であるからだ
仏教が 心印であることは
興禅護国論を読めば 即わかるし
空海が 仮名を侮蔑したことは
十喩之詩を読めば即わかる
日の丸が 地獄の火輪であることは
国宝『清水寺縁起』を見れば即わかる

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千六十九通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十時二十九分 四千六十八通
仏教から離れた
仏教から離れた
仏教が 心印であることは
興禅護国論から 諸説を引用した
特に着目したのは
萬象森羅 只一法之印
こちらも 萬象之森に辿り着いてゐたので
すーっと 入り 心印へと進んだ
しかし その心印を結んでゐると
その印が 国旗の惠實詞と重なり
音色の修正となった 
同時に 言技が音色となったので
心印に語らせる 仏教から離れる事になった

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千六十八通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)十時十七分 四千六十七通
薩長一揆の国柄一新
薩長一揆の国柄一新
諸悪の根源 禍津日~
しかし どうすれば…
この国には 天地をも動かす天地之詞がある
その「天地之詞」を発動させて 国柄一新
辿り着いたと思へば また その奥
今回は 国旗に惠實詞が追加され
言技の歌詞が 変はった
どこかで 仮説修正も止まる
何時か 仮説修正絶対止まる さう思って来たが
今回 また 音色に修正が入った
ここで 仮説修正が終はればいいのだが…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千六十七通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)九時五十九分 四千六十六通
萬象之森 言技之王


ノしノし(枯れ葉)
 ↓
鶴ばみ (枯れ木)  
 ↓
 橡  (檪) 
 ↓
萌える (葉っぱ) 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千六十六通
岩田修良 令和三年四月十七日(土)九時四十七分 四千六十五通
国造りの修正
国造りは 家庭造り
 一…東和の庭  (上左)
 二…萬象之森・橡(上右)
政策
 一…上記の家庭 土地家屋の固定資産税無 
 二…そのための融資 超低金利
 三…軍事費大幅カット
 四…原発ゼロに向けた政策開始
 五…東和の庭の技術の海外輸出
 六…東和の庭・森 外人受入施設増加政策
   是を世界に誇る日本文華として海外に宣伝

 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
青空の古都葉




 ノしノし 実
 鶴ばみ  芽
 つるばみ 国字
 萌える  色葉




令和三年四月十七日 午前六時四十三分 四千六十五通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン