くぬぎの手紙
岩田修良 令和三年十一月二十九日(月)十八時五十一分 九十九通
和かな暮らしを発行しました
只今「和かな暮らし」を発行しました
少し長くなりましたが 日本文華の根幹を語りながら
これからの日本を語ってゐます
ご一読下さい

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十九通
岩田修良 令和三年十一月二十八日(日)二十時二十九分 九十八通
和タグ新聞 只今発行
只今 和タグ新聞発行しました
ご一読下さい

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十八通
岩田修良 令和三年十一月二十七日(土)十九時二十五分 九十七通
どなたでも 投稿どうぞ!
どなたでも 投稿どうぞ
暫く 娯楽三昧に暮らします
娯楽って 語楽で 五楽=大日
            ノライ
            清く
            明るく
            和かな暮らし ですヨ
 もちろん 
 大好きな田舎道のサイクリングしながら
 大好きな草取りしながら
 大好きな庭造りしながら
 大好きな和タグ新聞書きながら

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十七通
岩田修良 令和三年十一月二十七日(土)十八時五十四分 九十六通
まとまりました
ようやく まとまりました
ご一読下さい

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十六通
岩田修良 令和三年十一月二十七日(土)九時二十六分 九十五通
ビッグローブの不具合直る
ビッグローブの不具合直り
そちらに 再び戻りました
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kuusou/noshinoshi/joyful.cgi

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十五通
岩田修良 令和三年十一月二十三日(火)二十時十四分 九十四通
『和かな暮らし』を始めました
和かな暮らし
 一…言技 草取こころ
 二…草取此炉
 三…草取ココロ(くぬぎの手紙)
 四…草取ココロ(和タグ新聞)
詳細は
https://jippon.work/kusatori-kokoro/joyful.cgi

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十四通
岩田修良 令和三年十一月二十二日(月)十六時三十一分 九十三通
萬物の住処と聲
天地之詞の研究とは…
 一…天地の源の聲は何か
 二…その聲は どんな姿か
 三…その姿は 変はって行くのか
 どうも こんな研究であることに気づいた
 難しいのは 全てが仮説であることだが
 その仮説にも 美しさがある
 美しく 道理が合ふもの
 それを選び抜きながら 仮説を取捨選択する
 根気の居る作業だか 諦めることだけは止め
 生きてゐる限り 研究を続ける覚悟を決めた
 ばかばかしいと思ふ人が ほとんどだが
 自分には 大切な大切な研究に 思へて仕方なかった   

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十三通
岩田修良 令和三年十一月二十二日(月)十六時九分 九十二通
終の住処はどこか?
絵三詞の国旗
清明心の国旗ではないか
そんな考へが出て来た
 一…墓に住む       …×
 二…墓の樹木に住む    …×
 三…靖国神社の桜の木になる…×
 四…天地の源の聲となる  …ここからは私説
   その聲は 清く明るく和かな暮らし
   その聲は 初めは 庭の姿になる
   そして 家が生まれ くぬぎとなり… 
   最後は 清明心の国旗となる
   そんな考へに到達した
    
   

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十二通
岩田修良 令和三年十一月二十二日(月)十六時三分 九十一通
他界
知合ひの方が他界した
どこに往ったのか 多くの人は この思索が弱い
いや 考へようとしない 私は 可能な限り推測する
そんな立場を貫いた 出て来た答は 死後は 始語の世界に帰る 
そして その始語は 天地の源の聲であり それは詞語であり
それは豊居天であり 清く明るく和かな暮らしであった
いや さう推測した それが東和の庭詩に居住を構へ
色々と進歌して行く さう考へた 始語の進化は 亡き人の住処を追ふことでもあった

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十一通
岩田修良 令和三年十一月二十二日(月)十一時十六分 九十通
今後の予定
党・東和の詩
国・東和
絵三詞の国旗国歌 の具現化は 万人の『ハ炊く詩』に任せ
こちら 和タグ詩に歴史を書いて行く
これは 著書の引用である
『閔妃暗殺』から書き始めたい
ここは 自分が 最も知識が無い歴史の空白である
一冊は 丸ごと読めぬが 美味しい所の引用なら 是非読みたい
さういふ人は 多い筈だ 私もその一人である 

--------------------------------------------------------------------------
天地之詞
天地 
星空
山川
峰谷
雲霧   
室苔   
人犬   
上末   
由王さる 
遠不世与 
江乃○於 
奈禮居天 
常飛豊 令和三年九月二十七日 午前九時二十七分 九十通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)縦二十三文字×十八行 句読点禁止



→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン