この頁は不具合あり まもなく閉鎖
中村幸太郎 令和二年五月二十四日(日)十三時四十四分 七百一通[左頁(返信)]
もえたぎるこころ
今日の講演では頭末略字のことが分かりました
頭末略字でたぎるを[た・・・ぎ]にすると たのしいくぬぎになるのは理解できました
やっぱり楽に過ごすにはもえたぎるこころが大切なんだと思います

----返信のお便り----------------------------------------------------------
 本日 隣の檪の森の草取り四時間
 草取りしながら 古代日本文化を以下の歌と創造してみました

野山はコナラ
庭にはあべまき
隣は橡
高フ葉っぱは 楽しい檪

こんな歌だけがあった そんな古代日本を想像 

岩田修良 令和二年五月二十四日(日)十三時五十五分 七百二通
岩田修良 令和二年五月二十四日(日)十時九分 六百九十九通[左頁(返信)]
齋藤慎君へ
勉強で 裕福
歌で とことん裕福
スポーツで 裕福
大企業で 裕福

窓口が一番広いのは 歌で裕福でせうね
しかし 歌ひまくるか否か そこは本人任せ
結局 一切自己責任 
この一切自己責任から 人生始まります

----返信のお便り----------------------------------------------------------
 仮説を採用するにせよ 破棄にせよ
私の仮説を採用するにせよ 破棄するにせよ 

正しく理解してから 採用せよ
正しく理解してから 破棄せよ

 何度も何度も言って来ました どんな考へから生まれて来たのか 私の場合 基本は 宇宙の根源は 何かにならうとして 一五〇億年前に爆発し 何かにならうとして進化して来た 一体 何が何にならうとしてゐるのか ここが常にあった様に思へます 随分 慎之助は深く考へられる様になりましたね

岩田修良 令和二年五月二十四日(日)十時十九分 七百通
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止


画像との隙間 1文字 2文字 3文字 4文字 5文字

→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン