令和3年2月24日 人の本質
くぬぎの手紙

人の本質
第12号
 発行 私塾鶴羽實
 郵番 四三八ー〇〇八六
 住所 磐田市見付二七八六
 電話 〇五三八ー三三ー〇二七三
 FX 〇五三八ー三一ー五〇〇三
 電信 logosアmvbドbiglobeレneスjp
 編者 岩田修良
 カナ ア=@ ドレス=ドット
由王さる=+ローー三=「二ハ」津留の三
    =「日」の
    =(芽の鶴)
     (芽の羽)
     (丸実)
遠不世与
遠=は=しの十=世のじふ=世の字(ふ)
不=「一」「←」=「遠」=と
世与=せよ
江乃○=江乃和
   =江乃和江乃
   =シゴノ寝わノ羽マコト
   =死後の音は釣羽實=死後の音は鶴羽實
  於=万じノこへ
   =万の字の聲
奈=く寝二ーテし
 =くぬ木ノ手紙
 =くぬぎの手紙
禮=デ豊=で豊で
居天=コノヨ+へーロ=此世は平和
奈=ラい一ノし=禮一の字
禮奈居天
 禮=豊サハ=豊差は
 奈=く寝二ーテし=くぬ木ノ手紙=くぬぎの手紙
 居=コい田=カいた=書いた
 天=マ一ス=マ一ス(ー)=枚数
奈禮居天
 奈=ハ末いトキハ=病時は
 禮=上ノし一ロハ一曲
  =右絵の詩・色葉一曲
居天=+コヨノエハ寝
  =とこよのツ留羽=常世の鶴羽
居天=ナロ末デ一大=ナヲ流まで言おう
  =治るまで言おう
和訳
 人の本性は「日ノ芽」の鶴羽 育成すると右絵の常世の鶴羽 更に成長すると 万の国の文字となる 死後の世は この文字の世界で 音色は文字の聲の「ツルハネマコト」 病の時は常世の鶴羽を治るまで言おう くぬぎの手紙で 豊で此世は平和 豊差は くぬぎの手紙 書いた枚数