令和2年1月22日 天地之詞
日ッポン 地ッポン つるはみ

天地之詞
第2号
 発行 私塾鶴羽實
 郵番 四三八ー〇〇八六
 住所 磐田市見付二七八六
 電話 〇五三八ー三三ー〇二七三
 FX 〇五三八ー三一ー五〇〇三
 電信 logosアmvbドbiglobeレneスjp
 編者 岩田修良
 カナ ア=@ ドレス=ドット
   ご挨拶 私塾 鶴羽實塾長 岩田修良

 空海は三界を流転すると言った 私論ではその三界とは 太陽→青空→d(つるはみ)の三界であるが 天地之詞の十一行詞の江乃○於は「シゴノヨ輪ニハきノヲー」と語る ニハきノヲーとは日ハ木ノ王を合した「d」である 又「日ハ木ノ王」を「日は木の王」と解釈すると 太陽は天地に潜む音色に飛出し 青空に行き更に 青空を飛出し dに暮らしてゐることになる つまり「お日様は木ノ王」で 地上にdが登場してよりこの方 人が気づかぬだけで 太陽は 遠い昔から地上に降りて「d」になってゐたことになる
写真を見てもらひたい まづ高ノ萌える太陽に見える 続いて「檪」の古名「つるはみ」を別の真字に変換すると「様」 すなはち 写真の「太陽」は「お日様」となる その正式名称は「つるはみ」
 本論は この「お日様」を庭に大量に植ゑた結果 生まれた絵空語都白丸往生論である 何の死生観もなく 葬式ごっこや英霊ごっこに勤しむ方には 甚だ馬鹿馬鹿しい話にはなるが 亡き人がどこに住み どこに往かうとしてゐるのか 儀式に拘り 亡き人の行方を追はぬ既存の葬式に 少しく疑問を持つ方には 興味深い往生試論になるだらう
 この往生ルート=真ならば 地上に降りた太陽は 天地に潜む音色に乗って 今は 絵空語都の垢拔けた潔白のお日様に帰った事になる 喜んでゐるだらうな お日様たちは…