令和2年1月21日 天地之詞
日ッポン 地ッポン つるはみ

天地之詞
第1号
 発行 私塾鶴羽實
 郵番 四三八ー〇〇八六
 住所 磐田市見付二七八六
 電話 〇五三八ー三三ー〇二七三
 FX 〇五三八ー三一ー五〇〇三
 電信 logosアmvbドbiglobeレneスjp
 編者 岩田修良
 カナ ア=@ ドレス=ドット
   ご挨拶 私塾 鶴羽實塾長 岩田修良

 昔官軍 今悪党
 昔虚言 今空語都
 時代が変はれば 物の見方が変はる典型である 幕末は明らかに 幕府側に正義があった しかし 正義を主張する幕府側は負けた 「ペンは剣より弱し」の証明は 今も「ペンは権より弱し」(権=権力略字)が続く情況を見れば明らかである にもかかはらず正義を振りかざす者は 己の正義を主張して 再び権力の剣に負ける 悪党に打ち克つ手はないのか
 そこで開発を急いだのがであつた 当初は 陀羅尼とか 和歌とか 眞言といふ歴史遺産の用語に 引きずられ 人間も歌ふものだと勝手に思ひ込んでゐたが それは誤解であった様だ 私の辿り着いた人間の天地之詞絵空語都の下に 文字を書くものだった
 よし!ならば ここに今の悪党どもの悪徳ぶりを書くかと思ったが 人の批判ばかりでは面白くない といふことで歴史を綴ることにした 大政奉還あたりから明治の暴力革命まで ここを柱に書き始めることにした 此世の平和と繁栄は 五つの日本語(天地之詞)に任せ どんぐりの古名つるはみを木楽と綴る様に 木楽に過ごし 悪党の自然消滅と 此世の繁栄と平和 そして己の繁栄を 総て 五つの日本語すなはち五つの天地之詞に任せることにした