城丸公園鎮守様
岩田修良 令和二年七月二日(木)九時十七分 二百十六通[左頁(返信)]
D組 第十四号
主題
 木曜の楽しみ
内容
 文春と新潮の見出しを読む楽しみ そして 反安倍の聲が 昔のあの大学時代に聞こえて来た「拡声器の聲」と誤認する所 最後は 印象操作の歴史的ベストワン 私は 只今の時点では 玉松操の私作の「錦旗」と官軍作の「進軍歌」ちょっと驚きました こんな感じで 私ら下々 いつも騙されてゐるのかな 勉強しなくちゃと思ひました

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年七月一日(水)十八時三十二分 二百十五通[左頁(返信)]
大佛次郎
 靖国の前身招魂社 その又前身の元宮を追ふと iH美静に出会し この人を追ふと『浦上切支丹』に出会し 平田篤胤に出会し 大佛次郎の天皇の世紀九卷に辿り着きました 生まれを調べたら横浜ですね 天皇の世紀は なんと七十歳から書き始めてゐます 驚きました しかし 平田神道の杜撰な神学がどうして流行ったのか まだ わかりません わかったのは 坊主の腰抜けと 浦上切支丹の信仰心の強さ 見直しました 切支丹 あきれたのは葬式仏教の坊主連中 駄目だね 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年七月一日(水)七時五十四分 二百十四通[左頁(返信)]
D組新聞 第十三号
赤羽の涙

 赤羽から弟が入院した板橋整肢療護園まで バスに乗ってお見舞ひに行った話 どうも 自分の人生の原点に この体験がある様な気がして 卒論を交へながら綴りました 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年六月三十日(火)九時七分 二百十三通[左頁(返信)]
D組新聞 第十二号
テーマ 炎症反応(CRP)

 今回は 四年前かな 弟の誤嚥性肺炎の時に さんざん耳にしたCRPの話が 城丸の家で話題になったので 昔を振り返りながら 炎症反応をテーマにして見ました 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止


画像との隙間 1文字 2文字 3文字 4文字 5文字

→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン