城丸公園鎮守様
岩田修良 令和二年七月七日(火)十六時十六分 二百二十七通[左頁(返信)]
只今 天災の研究を目録搭載
天災は 太陽が火ノ本に帰れずに怒ってゐる
ならば 太陽を 火ノ本に帰せばいい
なるほど 何十億年も 闇夜にポツンと一人
寂しいでせうね この太陽の心を汲んで
太陽=たいやう の語源を探索して
太陽を「たいやう」に帰す
それは かなカナ真字持つ
日本人にしか出来ない
そんな話の展開で 天災を研究してみました
詳細は 目録の「天災の研究」に…

----返信のお便り----------------------------------------------------------
早速でどうもありがとう 
なんですが 残念ながら難解であまりわかりませんでした 科学で考えずに 手い様が火ノ本にかえれば 天照神になって 災害が治ると思えば良いですかね(笑)水神で叩くと 農耕民としての水利 雨乞い 豊作につながる神の解説が多いようです 龍神 オロチ スサノオなんかがキーワードかも知れません いずれにしてもこの水害が収まって 城丸も良方に迎えばいいですね

玉置 剛 令和二年七月七日(火)二十二時五十五分 二百二十八通
岩田修良 令和二年七月七日(火)十時三十九分 二百二十五通[左頁(返信)]
先程 完結号が出来ました
 後は この文字が 紙に住むのか ネットハガキの世界に住むのか その決着のみ 紙に住むと決まれば 縦書き掲示板不要となります ここの結論を導く迄 時間がかかりさうです 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
おはようございます 
余計な話ですが 九州地方で天の水魔が暴れていますので 水神様についても考察してもらって 鎮めてほしいと思います 天地が治まったら 安倍について研究しましょう(笑)

玉置 剛 令和二年七月七日(火)十時四十七分 二百二十六通
岩田修良 令和二年七月六日(月)十九時四十六分 二百二十四通[左頁(返信)]
縦書の証拠文献
『以呂波問辯』

 横文字の国 儒道も知らず 仏道も神道もなし 仁義も因果もなく 畜生の如くなる国なり

 裏を返せば ~とか仏の道が 縦書の文字であることを言ってゐることになります 

----返信のお便り----------------------------------------------------------
岩田修良 令和二年七月六日(月)十九時三十七分 二百二十三通[左頁(返信)]
何故 縦書なのか
~仏が文字であり その文字が縦書だから
そんな理由になります
そして その文字の世界ですが
どうも ネット色葉ハガキに思へてなりません
よって 
昔は この文字が墨の黒だったと思はれます

----返信のお便り----------------------------------------------------------
処理 記事No 暗証キー
お名前必須

主題必須

縦書原稿必須)十二行 句読点禁止


画像との隙間 1文字 2文字 3文字 4文字 5文字

→ 画像番号


画像選択後タッチ・オン